【経済】初島港に待望の「展望休憩施設」、事業費は総額約2億円


熱海からの客船が発着する熱海市の初島港で、休憩施設などの観光施設整備が進められている。展望デッキなどを備えた観光客らの休憩施設やイベント広場を整備し、完成後はGW恒例の「ところ天「祭り」もここで開催する。首都圏に最も近い有人島の初島には、これまで観光客の休憩施設がなかった。島民からのつよ強い要望を受けて熱海市が建設するもので、事業費は県の補助を含めて約2億円。本年度は埋め立て地の造成を行い、来年度に休憩施設などを整備する。オープンは2019年春の予定。
展望デッキからは熱海市街や富士山、湘南海岸、首都圏も見渡せる。新たな熱海の観光スポットとして期待されている。
◆初島交流広場整備事業 埋め立てた約1400平方メートルに鉄骨2階建て・延べ床面積約600平方メートルの休憩施設、220平方メートルのイベント広場、バスが回転できるロータリーなどを造る。完成後の管理運営については今後、初島区や漁協などと協議して決める。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-7-8

    休業協力金対象外の事業者への一律10万円給付 申請受付締め切り迫る

    新型コロナウイルスのために収入が減った事業者のうち、県及び熱海市の休業協力金の対象から外れた事業者…
  2. 2020-7-8

    熱海の名所めぐる「湯~遊~バス」 7月10日から運行再開 

    小田急グループの伊豆東海バスは、熱海市内の名所旧跡を循環する「湯~遊~バス」の運行を7月10日から…
  3. 2020-7-8

    9月5日の秋の納涼海上花火大会も中止 熱海•伊豆山温泉

    熱海市の伊豆山温泉の観光関連3団体は新型コロナウイルス感染症防止のため、9月5日(土)に予定してい…
  4. 2020-7-7

    8月の熱海海上花火大会、各回とも生中継 日帰り客は自宅で観賞を

    熱海市は、新型コロナウイルス感染防止策として、8月5日から再開する夏季熱海海上花火大会(熱海湾)を…
ページ上部へ戻る