【編集室】新年の熱海は月も超デカ! 初日の出に続いてスーパームーン登場


満月、ただいま3割増量中―。2018年で最も大きく見える満月「スーパームーン」が1月2日未明、熱海上空でもくっきり観測することできた。2日は今年の満月で最も近い約35万7000キロに近づくため、約40万6000キロと最も遠ざかる7月28日より、見かけの直径が約14%、面積が約30%大きく、約30%明るい。本紙天体取材班は元旦の初日の出に続いて連日の出動となった。満月の瞬間は2日午前11時24分のため、日本ではマックスな満月を見ることが出来ないため、2日午前3時過ぎに撮影したこの月が今年最大といっていい。今夜の月も「ほぼ満月」。3日夜には、毎年1月に現れる3大流星群の一つ「しぶんぎ座流星群」が見ごろを迎える。ピークは4日午前5時ごろで、天候が良ければ1時間に数十個程度見られるという。うーっ。
(熱海ネット新聞・天体取材班)


コチラは「ウェザーニュース」の資料

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-21

    静岡県立高校の入学願書締め切り 熱海は0.94倍 で定員割れ

    静岡県内の公立高校の入学願書の受け付けが締め切られ、県教育委員会は2月20日、志願倍率を発表した。…
  2. 2020-2-21

    新型肺炎感染に配慮 藤曲敬宏県議「県議会傍聴バスツアー」取りやめ

    新型コロナウイルスによる肺炎拡大で、熱海市選出の藤曲敬宏県議の後援会「藤曲たかひろ事務所」は、3月…
  3. 2020-2-20

    「大漁桜」が満開 漁師まちがサクラダイ色 網代・阿治古神社

    熱海市網代の阿治古神社で大漁桜(タイリョウザクラ)が満開を迎えた。多賀中で校長を務めた故角田春彦さ…
  4. 2020-2-20

    熱海市、今秋にカスカイス訪問団 姉妹都市提携30周年で派遣

    熱海市は今秋、海外姉妹都市交流事業としてカスカイス市(ポルトガル)に公式訪問団を派遣する。提携30…
ページ上部へ戻る