【編集室】新年の熱海は月も超デカ! 初日の出に続いてスーパームーン登場


満月、ただいま3割増量中―。2018年で最も大きく見える満月「スーパームーン」が1月2日未明、熱海上空でもくっきり観測することできた。2日は今年の満月で最も近い約35万7000キロに近づくため、約40万6000キロと最も遠ざかる7月28日より、見かけの直径が約14%、面積が約30%大きく、約30%明るい。本紙天体取材班は元旦の初日の出に続いて連日の出動となった。満月の瞬間は2日午前11時24分のため、日本ではマックスな満月を見ることが出来ないため、2日午前3時過ぎに撮影したこの月が今年最大といっていい。今夜の月も「ほぼ満月」。3日夜には、毎年1月に現れる3大流星群の一つ「しぶんぎ座流星群」が見ごろを迎える。ピークは4日午前5時ごろで、天候が良ければ1時間に数十個程度見られるという。うーっ。
(熱海ネット新聞・天体取材班)


コチラは「ウェザーニュース」の資料

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-9-21

    4連休、若い世代の観光客どっと 熱海市、コロナ禍以前のにぎわい戻る

    4連休さなかの9月21日、熱海市内には首都圏などから若い世代の大勢の観光客が訪れ、コロナ禍…
  2. 2020-9-21

    40代の兄弟逮捕 熱海市和田町の住宅に死体遺棄容疑

    熱海市和田町の住宅に身元不明の男性の遺体を遺棄したとして、熱海署は9月20日、三島市の40代の兄弟…
  3. 2020-9-20

    満天の星空の下で映画鑑賞会 姫の沢公園・スポーツ広場で初開催 

    星空の下で映画を楽しむ野外上映会が9月19日夜、熱海市の姫の沢公園・スポーツ広場で開かれ、…
  4. 2020-9-20

    【お悔やみ】工藤尚志さん(熱海市網代)9月18日死去

    工藤尚志さん(くどう・なおし)9月18日死去、92歳。熱海市網代。通夜20日午後6時。葬儀21日午…
ページ上部へ戻る