【社寺】丹那神社の桜が満開、4月1日に例祭 「大楠連」神輿が渡御

4月1日に例祭が斎行される熱海市福道町の丹那神社で桜(ソメイヨシノ)が満開となった。例祭は、丹那神社奉賛会(田島秀雄会長)が午前10時から催し、来宮神社の雨宮盛克宮司が神事を執り行い、東海道本線の熱海市―函南町間にある丹那トンネルの建設の際、犠牲となった工事関係者を慰霊する。
今年は桜舞うなかで「熱海囃子笛伶会」のお囃子演奏や「大楠連」神輿の連合渡御が繰り広げらる。近隣の10町内会、子供会による焼きそば、綿菓子、甘酒、お汁粉の無料配布などもあり、毎年、大勢の参拝者で賑わう。
(熱海ネット新聞)
■丹那神社 1921年(大正10年)4月1日に丹那トンネル東口工事現場で起きた最初の大崩落事故で犠牲になった16人を含め67柱の鎮魂のために建立。例祭は当初、国鉄関係者によって例祭が執り行われていたが、民営化で中断。23年前から地域住民で作る奉賛会で挙行している。


2018年3月30日


昨年の丹那神社例祭(2017年4月2日)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-22

    ダイヤモンド・プリンセスの乗客に熱海市の夫妻も 下船許可に安堵

    横浜港・大黒ふ頭に停泊中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で2月21日、新型コロナウイルスの…
  2. 2020-2-21

    静岡県立高校の入学願書締め切り 熱海は0.94倍 で定員割れ

    静岡県内の公立高校の入学願書の受け付けが締め切られ、県教育委員会は2月20日、志願倍率を発表した。…
  3. 2020-2-21

    新型肺炎感染に配慮 藤曲敬宏県議「県議会傍聴バスツアー」取りやめ

    新型コロナウイルスによる肺炎拡大で、熱海市選出の藤曲敬宏県議の後援会「藤曲たかひろ事務所」は、3月…
  4. 2020-2-20

    「大漁桜」が満開 漁師まちがサクラダイ色 網代・阿治古神社

    熱海市網代の阿治古神社で大漁桜(タイリョウザクラ)が満開を迎えた。多賀中で校長を務めた故角田春彦さ…
ページ上部へ戻る