【社寺】丹那神社の桜が満開、4月1日に例祭 「大楠連」神輿が渡御

4月1日に例祭が斎行される熱海市福道町の丹那神社で桜(ソメイヨシノ)が満開となった。例祭は、丹那神社奉賛会(田島秀雄会長)が午前10時から催し、来宮神社の雨宮盛克宮司が神事を執り行い、東海道本線の熱海市―函南町間にある丹那トンネルの建設の際、犠牲となった工事関係者を慰霊する。
今年は桜舞うなかで「熱海囃子笛伶会」のお囃子演奏や「大楠連」神輿の連合渡御が繰り広げらる。近隣の10町内会、子供会による焼きそば、綿菓子、甘酒、お汁粉の無料配布などもあり、毎年、大勢の参拝者で賑わう。
(熱海ネット新聞)
■丹那神社 1921年(大正10年)4月1日に丹那トンネル東口工事現場で起きた最初の大崩落事故で犠牲になった16人を含め67柱の鎮魂のために建立。例祭は当初、国鉄関係者によって例祭が執り行われていたが、民営化で中断。23年前から地域住民で作る奉賛会で挙行している。


2018年3月30日


昨年の丹那神社例祭(2017年4月2日)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-8-19

    残り少ない夏満喫 熱海海上花火大会に今年最高の3万9千人 市の人口上回る

    夏季熱海海上花火大会の第5弾が8月18日、熱海湾であり、市の総人口を上回る3万9千人(主催…
  2. 2019-8-18

    今宮元祷會が本格始動 10月の今宮神社例大祭に向け御神幸ルートを下見

    今宮神社の例大祭(10月19日、20日)が2カ月後に近づき、令和元年度の御鳳輦奉仕を行う厄年奉賛会…
  3. 2019-8-18

    浴衣姿で熱海の魅力発信 初島航路の定期船でファッションショー

    熱海市街を着物姿で散策し、熱海の魅力アップに務める「あたみ着物姿普及委員会」(永田雅之代表)は8月…
  4. 2019-8-17

    去りゆく夏、大輪が網代温泉の夜空焦がす 南熱海夏イベントの掉尾飾る

    熱海市の網代湾で8月16日午後8時20分から、網代温泉海上花火大会(同温泉観光協会…
ページ上部へ戻る