【社寺】参道の837石段、4基の神輿が厳かにお下り/伊豆山神社例大祭


熱海市の伊豆山神社例大祭の本祭が4月15日、同神社で斎行された。例大祭神事は午前10時から本殿であり、静岡県神社庁庁長の櫻井豊彦静岡浅間神社宮司が神社本庁から伊豆山神社の例大祭に捧げられた幣帛料(へいはくりょう)を供進する使者を、松本義廣氏が氏子幣帛使を務め、原嘉孝宮司が拝殿に備えて熱海の繁栄と恒久の平和を祈願した。
神事では原宮司の祝詞奏上に続き、神女舞と実朝の舞を奉納。大舘節生総代会長、当番町総代の當摩達夫代表、齊藤栄市長、川口健市議会議長、藤曲敬宏県議、奥田交治熱海警察署長、泉明寺みずほ今宮神社宮司らが玉串を捧げた。
■宮神輿は395年前、家光公将軍就任の年に制作
呼び物の「神輿(みこし)下り」は、神幸祭のなかの発輿祭に続いて行われた。獅子を先導に伊豆山岸谷(西殿神輿)、伊豆山仲道(本殿神輿)、伊豆山浜(東殿神輿)の順で烏帽子、白装束姿の氏子が担ぐ3基の御輿の神幸行列が出発。3基の宮神輿は徳川家光が3代将軍に就任した元和(げんな)9年(1623年)の製作で、395年の歴史を持つ。その後に深い緑色の装束をまとった伊豆山御鳳輦(厄年奉賛会)「伊豆山巽剛一會(いずさんたつみごういちかい)」(小松剛正会長)の神輿が続いた。
それぞれの神輿は足元を確かめるように慎重に厳かに歩みを進め、海岸近くの下宮(しもみや)までの全837段のうち、664の石段を勇壮に下り、集まった市民や観光客を沸かせた。
(熱海ネット新聞・松本洋二)


原嘉孝宮司の祝詞奏上


大鳥居素禰宜



幣帛使・櫻井豊彦静岡県神社庁庁長(中央)


大舘節生総代会長(左)と松本義廣氏子幣帛使


伊豆山岸谷(西殿神輿)


伊豆山仲道(本殿神輿)


伊豆山浜(東殿神輿)


伊豆山巽剛一會

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新イベント情報

4月
15
2019
9:30 AM 植物研究園 春の一般公開 @ 植物研究園
植物研究園 春の一般公開 @ 植物研究園
4月 15 @ 9:30 AM – 4月 24 @ 3:30 PM
同研究園は春と秋に期間限定で一般公開されており、春は科学技術週間にあわせて毎年この時期に行われています。 園内には渓流が流れ、数多くの樹木や草花、苔類等が植物生態系を構成、春はシダレモモ、ミツバツツジ、クマガイソウ、アマギシャクナゲ等が開花します。
4月
21
2019
8:30 AM 熱海市議選 投開票 @ 熱海市全域
熱海市議選 投開票 @ 熱海市全域
4月 21 @ 8:30 AM – 9:30 AM
投票時間 8:30〜20:00 開票 20:15に1回目の発表。以後、1時間おきに発表。最終確定21:00〜21:30分ごろ。
5月
1
2019
9:00 AM ながはま特設市 @ 長浜海浜公園
ながはま特設市 @ 長浜海浜公園
5月 1 @ 9:00 AM – 5月 6 @ 5:00 PM
 
10:00 AM 初島ところ天まつり @ 初島
初島ところ天まつり @ 初島
5月 1 @ 10:00 AM – 5月 6 @ 4:00 PM
 
離れの宿…ほのか 離れの宿…ほのか
渡辺耳鼻咽喉科

ピックアップ記事

  1. 2019-4-19

    あす春季熱海海上花火大会、市観光協会が「花火観覧クルーズ」実施

    熱海市観光協会は、あす4月20日に熱海湾で打ち上げる春季熱海海上花火大会で「花火観覧クルーズ…
  2. 2019-4-19

    【お悔やみ】桜井ツヤさん(熱海市伊豆山)4月18日死去 101歳

    桜井ツヤさん(さくらい・つや)4月18日死去、101歳。熱海市伊豆山。通夜19日午後6時。葬儀20日…
  3. 2019-4-19

    あす4月20日、熱海サンビーチで熱気球体験 熱海市街や相模灘を360度眺望

    大型観光誘致企画「静岡デスティネーションキャンペーン(~6月)」に合わせ、熱海市観光協会とエイペック…
  4. 2019-4-18

    終盤に入っても混戦 候補者の横顔(3)熱海市議選

    後藤雄一(ごとう・ゆういち)57歳 公明新 東海岸町、会社役員、東京デザイン専門学校 ・地域…
ページ上部へ戻る