【社寺】「ワッショイ、ワッショイ」御鳳輦、威勢の良く巡行/伊豆山神社厄年奉賛会



伊豆山、来宮、今宮3神社の厄年奉賛会の先陣を切って「伊豆山巽剛一會(たつみごういちかい)」(小松剛正会長)が4月15日、伊豆山神社例大祭で御鳳輦(ごほうれん)を担ぎ、ご神幸行列を盛り上げた。江戸時代から続く伝統の「石段下り」では、黒帽子に深い緑色の装束をまとった42歳の厄年を迎えた男衆たちが、「ワッショイ、ワッショイ」と威勢の良い掛け声を上げながら勇壮に歩みを進め、海岸近くの下宮(しもみや)を目指した。厄年奉賛会の会員の地元町内ではそれぞれが万歳を三唱。会員や町内会の人たちから祝福を受けた。
■伊豆山温泉のホテル・旅館街でも威勢良く
7月15、16日に来宮神社例大祭で御鳳輦を担ぐ「来宮辰巳會(きのみやたつみかい)」(川本数章)、10月19、20日の今宮神社例大祭で御鳳輦を担ぐ「今宮和田奉十絆(ぶじゅう)會」(薄井勇会長)の会員たちが応援に駆け付け、国道135号線沿い伊豆山温泉のホテル・旅館街を威勢良く練った。氏子地域を巡行し、商売繁盛と家内安全を祈願、厄よけを祈念した。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
■御鳳輦(ごほうれん)大厄の42歳を迎える男子が節分から翌年の節分まで氏神様に仕え、ご奉仕することで厄を逃れる。伊豆山神社厄年奉賛会として代々引き継がれている。平成30年度は昭和51年4月2日~52年4月1日生まれの伊豆山小の卒業生で構成。


伊豆山巽剛一會(たつみごういちかい)



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-5-30

    姫の沢公園の駐車場 県内客念頭に再開 アスレチック広場に多くの家族連れ

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が全面解除されて最初の週末を迎えた5月30日、…
  2. 2020-5-30

    経済損出額191億円 3〜5月の熱海宿泊客数、前年比3分の1以下

    熱海市は5月29日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、3月から5月の宿泊客数が去年の同じ時期の3…
  3. 2020-5-29

    「青紫」の花びら、熱海に初夏告げる 「ジャカランダ」続々開花 

    熱海市に初夏を告げる世界三大花木の一つ「ジャカランダ」が、熱海サンビーチと国道135号線に挟まれた…
  4. 2020-5-29

    歌手生活60年、橋幸夫さんが熱海警察署「一日署長」 安全の架け「橋」

    今年7月で歌手生活60年を迎える橋幸夫さん(77)が5月29日、熱海警察署の一日署長を務め…
ページ上部へ戻る