【社寺】「ワッショイ、ワッショイ」御鳳輦、威勢の良く巡行/伊豆山神社厄年奉賛会



伊豆山、来宮、今宮3神社の厄年奉賛会の先陣を切って「伊豆山巽剛一會(たつみごういちかい)」(小松剛正)が4月15日、伊豆山神社例大祭で御鳳輦(ごほうれん)を担ぎ、ご神幸行列を盛り上げた。江戸時代から続く伝統の「石段下り」では、黒帽子に深い緑色の装束をまとった42歳の厄年を迎えた男衆たちが、「ワッショイ、ワッショイ」と威勢の良い掛け声を上げながら勇壮に歩みを進め、海岸近くの下宮(しもみや)を目指した。厄年奉賛会の会員の地元町内ではそれぞれが万歳を三唱。会員や町内会の人たちから祝福を受けた。
■伊豆山温泉のホテル・旅館街でも威勢良く
7月15、16日に来宮神社例大祭で御鳳輦を担ぐ「来宮辰巳會(きのみやたつみかい)」(川本数章)、10月19、20日の今宮神社例大祭で御鳳輦を担ぐ「今宮和田奉十絆(ぶじゅう)會」(薄井勇会長)の会員たちが応援に駆け付け、国道135号線沿い伊豆山温泉のホテル・旅館街を威勢良く練った。氏子地域を巡行し、商売繁盛と家内安全を祈願、厄よけを祈念した。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
■御鳳輦(ごほうれん)大厄の42歳を迎える男子が節分から翌年の節分まで氏神様に仕え、ご奉仕することで厄を逃れる。伊豆山神社厄年奉賛会として代々引き継がれている。平成30年度は昭和51年4月2日~52年4月1日生まれの伊豆山小の卒業生で構成。


伊豆山巽剛一會(たつみごういちかい)



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2018-12-17

    熱海署「110マン」、ご当地ヒーローもパレード/熱海市民安全大会

    年末の交通安全県民運動(12月15~31日)に合わせ12月17日、熱海市は渚町の渚小公園で市…
  2. 2018-12-17

    今年最後、熱海海上花火大会! 2018年は39万3千人が観賞

    今年のフィナーレを飾る「忘年熱海海上花火大会」(主催・熱海市ホテル旅館協同組合連合会)が12…
  3. 2018-12-16

    陸前高田応援「タカタ・フェスタ」 あったか熱海でワンデー開催

    東日本大震災の津波被害を受けた岩手県陸前高田市の復興を応援するイベント「タカタ・フェスタ・イ…
  4. 2018-12-15

    「電子図書館」スタート 小説や郷土資料、無償貸し出し/熱海市立図書館

    熱海市立図書館は12月からインターネットを通じた電子図書の無料貸し出しサービスを始めた。小説…
ページ上部へ戻る