ロシア富豪の巨大クルーザー、モーターヨット「A」多賀湾に停泊 全長118メートル

熱海市の熱海港周辺と多賀湾で5月1日、2日の両日、船首が上下逆になったような豪華クルーズ船が現れ、多賀湾に停泊した。熱海ネット新聞にも「あのユニークな巨大豪華クルーザーは?」の問い合わせが多数あり、撮影に訪れる人もいた。
インターネットで公開されている自動船舶識別装置(AIS)の情報などによると、船はマーシャル船籍のモーターヨット「A」で全長118メートル、幅18メートル。2008年にロシアの富豪がプライベート用に総額350億円で製造したとされ、ヘリポートを備える。目的は不明。4月12日には三重県津市沖に停泊し、13日に鳥羽に到着したのが確認されている。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-2

    アベノマスク、熱海市でも配布始まる 2万1588世帯3万6417人へ

    新型コロナウイルス感染拡大防止のため、政府が全戸に届ける布マスクの配達が熱海市でも始まった。2枚1…
  2. 2020-6-2

    夏開業予定の「熱海プリンスホテル」、秋以降に延期 新型コロナ影響で

    西武グループのプリンスホテル(本社・東京都豊島区)は、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、…
  3. 2020-6-2

    熱海市独自の経済支援策第2弾 市民と別荘所有者向けに「特別宿泊プラン」

    熱海市は、新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急経済対策の第2弾として「市民向け宿泊プラン」を実施す…
  4. 2020-6-1

    コロナで閉鎖の市営駐車場が再開 熱海サンビーチ、自家用車で行楽客続々 

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が全面解除されて最初の日曜日となった5月31日…
ページ上部へ戻る