健康福祉部理事に金子正氏(31) 厚労省から招へい/熱海市

熱海市の健康福祉部理事に厚労省から派遣された金子正氏(31)が8月1日付で着任した。市が内閣府の地方創生人材支援制度を利用し、招へいした。金子氏は、前日まで厚生労働省の労働基準局安全衛生部労働衛生課治療と仕事の両立支援室中央労働専門官を担当していた。市では地域包括ケアシステム推進担当と福祉事務所理事を兼任する。群馬県桐生市出身、早大卒。任期は2年。
この日齊藤栄市長から辞令を受けた金子氏は坂本信夫健康福祉部長らとともにあたみビール祭りを訪問。川口健市議会議長などから市の高齢化や福祉の実情などを聞いた。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
■地方創生人材支援制度 中央省庁の官僚らを全国の自治体に2年間派遣し、自治体自らが地域の活力を掘り起こすための「地方版総合戦略」の策定を手助けする。安倍晋三政権の重要政策である「地方創生」を推進。
■熱海市でのミッション 超高齢社会における課題や多様化した行政ニーズへの対応、地域特性などを勘案した地域包括ケアシステム※の構築を推進し、住み慣れた地域で自分らしい暮らしを続けることができる『住まうまち熱海』の実現を目指す。
■地域包括ケアシステム 「団塊の世代が75歳以上となる2025年を目途に、重度な要介護状態となっても住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることができるよう、住まい・医療・介護・予防・生活支援が一体的に提供される仕組み・概念」をいいます。(厚生労働省より)
 これまでの国主導の高齢者福祉事業やサービスが市区町村主体で行われることにより、高齢者が住み慣れた地で行政・民間企業・ボランティア団体がより自由に、自主的に地域づくりをしていくことが求められているのが地域包括ケアシステム。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-2-28

    熱海市で新たに2人がコロナ感染 高齢でない成人と20歳代男性 2月28日

    静岡県は2月28日、熱海市に住む高齢でない成人(性別は不公表)と20歳代男性の新型コロナウイルス感…
  2. 2021-2-27

    【お悔やみ】津田博之さん(熱海市中央町)2月25日死去 友楽町町内会長

    津田博之さん(つだ・ひろゆき)2月25日死去、80歳。熱海市中央町3の10。バー「メキシコ」。有楽…
  3. 2021-2-26

    熱海市で新たに1人がコロナ感染 高齢でない成人 県内陽性者との接触で 

    静岡県は2月26日、熱海市に住む高齢でない成人1人の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。…
  4. 2021-2-26

    【お悔やみ】有賀輝夫さん(熱海市上多賀)2月24日死去

    有賀輝夫さん(ありが・てるお)2月24日死去、90歳。熱海市上多賀26。出棺3月2日午前11時、J…
ページ上部へ戻る