夏休みの成果紹介 小中学生自由研究作品を展示/熱海市

熱海市内の小中学生が手掛けた夏休みの自由研究を集めた「理科自由研究作品展」(熱海市教育委員会など主催)が9月8日と9日の両日、熱海市役所いきいきプラザで開かれた。
小学校(泉、伊豆山、桃山、第一、第二、多賀、網代、初島)は84点、中学校(泉、初島、熱海、多賀)は20点の作品を展示。「何色の氷が溶けやすいか」や「リニアモーターで分かる電気と磁石の不思議な力」などユニークな研究を模型や画用紙などで紹介している。
訪れた人たちは、子どもたちが懸命に仕上げた研究内容に熱心に見入っていた。
(熱海ネット新聞)




関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-8-5

    熱海市でさらに2人コロナ感染 1人は県外通勤者 クラスターとは無関係

    静岡県は8月5日、熱海市内で新たに2人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。ともにクラスターが…
  2. 2020-8-5

    熱海市、接客業従業員のPCR検査8割助成 店名公表は協力金10万円支給

    新型コロナウイルスの感染拡大が収まらない中、熱海市は8月5日、飲食店や宿泊施設、タクシーなど接客に…
  3. 2020-8-5

    【お悔やみ】山田チエさん(熱海市西熱海町)8月3日死去

    山田チエさん(やまだ・チエ)8月3日死去、98歳。熱海市西熱海町。出棺7日午前11時、熱海葬祭中央…
  4. 2020-8-4

    コロナ陰性の音楽カフェ利用者、1週間後に「陽性」 クラスター計13人

    陰性だった熱海市住人が1週間後に「陽性」判明ー。静岡県は8月4日、クラスター(感染者集団)が発生し…
ページ上部へ戻る