芸術の秋、熱海梅園はアート色 全国からクラフト作家が48店

「熱海芸術祭」の一環で「アート・クラフトフェスティバル」(実行委員会主催)が10月19日、熱海梅園で始まった。全国から集まったクラフト作家が個人や合同で48のブースを出店。木工、陶芸、手芸、ガラス工芸、布染め物、アクセサリー、藍染め、ニットなどの手作り作品を並べ、来園者は作家と会話を交わしながら品定めし、ゆったりと買い物を楽しんでいる。今年で6回目の開催で今回は園内に3カ所の演奏場所を設け、10組がギターややピアノの弾き語りを披露。飲食店の出店もある。21日まで。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-2-22

    ナイトクーポン安いらー!!」初日からバカ売れ、飲食店うれしい悲鳴

    3千円利用券が2千円で買える「ナイトクーポン安いらー!!」の販売が2月22日、市内各所で始ま…
  2. 2019-2-22

    熱海躍進のための礎づくりに本格的着手/齊藤市長が施政方針演説

    熱海市議会2月定例会が2月22日開会し、齊藤栄市長が38分に渡って施政方針演説を行った。4期目の初年…
  3. 2019-2-21

    2月23日は富士山の日、シャンソンや早朝ウォークなど 多彩なイベント

    2月23日の「富士山の日」は、熱海市内でも様々な催しが開かれる。観光ボランティア団体「熱海まち歩きガ…
  4. 2019-2-21

    【お悔やみ】島田勝代さん(熱海市昭和町)2月18日死去

    島田勝代さん(しまだ・かつよ)2月18日死去、84歳。旅館立花元女将。熱海市昭和町。通夜21日午後6…
ページ上部へ戻る