【文化】熱海中学の新旧校歌を披露 佐佐木信綱祭短歌大会

晩年を熱海で過ごし、熱海の文化発展に貢献した歌人佐佐木綱信を顕彰する「第40回佐佐木綱信短歌大会」が信綱の生誕日にあたる3日、起雲閣で開かれた。中・高校の部573首、小学生の部591首の歌の応募があり、市長賞、教育長賞、凌寒会賞がそれぞれ授与された。一般の部126首では天位、地位、人位が決まった。

また熱海中学生徒によりる信綱作詞の旧「熱海中学校歌」と信綱の孫で歌人の佐佐木幸綱作詞の新「熱海中学校歌~光る海」(作曲・NOKKO)が披露され、市内外から集まった約100人が信綱の遺徳を偲んだ。

信綱の旧居「凌寒荘」(熱海市西山町)は通常、土曜・日曜のみの公開だが、この日は特別公開され、多くの市民や短歌愛好家が訪れた。

(熱海ネット新聞)

◇佐佐木信綱 明治5年、三重県生まれ。歌人・国文学者。唱歌「夏は着ぬ」の作詞者。岩波文庫「新訓万葉集」「新古今和歌集」等の編物。昭和12年に第1回文化勲章受賞。昭和19年(72歳)から91歳で没するまで熱海市西山町の「凌寒荘」で過ごした。

DSCN3365

起雲閣音楽サロン

 

佐佐木信綱作詞の旧「熱海中学校歌」

佐佐木幸綱作詞の新「熱海中学校歌~光る海」※作曲・NOKKO

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-12-4

    元サッカー日本代表・中田英寿氏、熱海でトークショー 「工藝と食」熱弁

    熱海市のMOA美術館は12月4日、サッカー元日本代表MF・中田英寿氏、人気パティシエ・鎧塚…
  2. 2020-12-4

    金森和道さん、熱海市清水町にコロナ対策専門店 市民の感染対策に一助

    新型コロナウイルスの感染症拡大防止に役立ててほしいと、熱海市清水町に新規オープンした「あん…
  3. 2020-12-3

    熱海市で新たに70歳男性がコロナ感染 12月に入り3日連続

    静岡県は12月3日、熱海市で新たに70歳代男性の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。これで…
  4. 2020-12-3

    12月9、10日に市議会「一般質問」 コロナ禍の諸問題で論戦 質問全掲

    熱海市議会11月定例会は12月9、10日に一般質問を行う。竹部隆議長・橋本一実副議長と田中秀宝氏を…
ページ上部へ戻る