【文化】熱海中学の新旧校歌を披露 佐佐木信綱祭短歌大会

晩年を熱海で過ごし、熱海の文化発展に貢献した歌人佐佐木綱信を顕彰する「第40回佐佐木綱信短歌大会」が信綱の生誕日にあたる3日、起雲閣で開かれた。中・高校の部573首、小学生の部591首の歌の応募があり、市長賞、教育長賞、凌寒会賞がそれぞれ授与された。一般の部126首では天位、地位、人位が決まった。

また熱海中学生徒によりる信綱作詞の旧「熱海中学校歌」と信綱の孫で歌人の佐佐木幸綱作詞の新「熱海中学校歌~光る海」(作曲・NOKKO)が披露され、市内外から集まった約100人が信綱の遺徳を偲んだ。

信綱の旧居「凌寒荘」(熱海市西山町)は通常、土曜・日曜のみの公開だが、この日は特別公開され、多くの市民や短歌愛好家が訪れた。

(熱海ネット新聞)

◇佐佐木信綱 明治5年、三重県生まれ。歌人・国文学者。唱歌「夏は着ぬ」の作詞者。岩波文庫「新訓万葉集」「新古今和歌集」等の編物。昭和12年に第1回文化勲章受賞。昭和19年(72歳)から91歳で没するまで熱海市西山町の「凌寒荘」で過ごした。

DSCN3365

起雲閣音楽サロン

 

佐佐木信綱作詞の旧「熱海中学校歌」

佐佐木幸綱作詞の新「熱海中学校歌~光る海」※作曲・NOKKO

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新イベント情報

ピックアップ記事

  1. 2018-8-15

    熱海市街が激しい渋滞 Uターンラッシュがピーク バブル期以上の混雑

    お盆休みを熱海をはじめ、伊豆半島の東海岸の行楽地や帰省先から戻る車で熱海市内の道路の上りが8月15日…
  2. 2018-8-15

    熱海音頭で盆踊り 観光客と市民が踊りの輪/ 網代温泉「ふる里祭り」

    熱海市網代温泉の夏の風物詩「ふる里祭り・盆踊り」が8月14日始まり、初日はおよそ200…
  3. 2018-8-14

    お盆休みピークに突入 熱海サンビーチ賑わう、今夏最高の人出

    お盆休みが始まった8月13日、熱海サンビーチは首都圏などから訪れた行楽客や帰省客でにぎわ…
  4. 2018-8-14

    U ターンラッシュ始まる、上り線渋滞 熱海市内の道路混雑

    お盆入りの8月13日、熱海市内の幹線道路はお盆休みを利用して熱海市を訪れる人や一足先に夏休み休暇を楽…
ページ上部へ戻る