【花】旧跡「頼朝の一杯水」でアジサイが見ごろ

熱海市上多賀の「頼朝ライン」にある旧跡「頼朝の一杯水」でアジサイの花が見ごろを迎えている。
父源義朝が平治の乱で敗れ、頼朝は蛭ヶ小島(伊豆の国市)に20年ほど流された。そんな折り、お目付役の伊東祐親(平家)が京都に上っている間に娘の八重姫と恋仲になり、千鶴丸が生まれる。帰郷してこれを知った祐親は激怒、いやこのままで自分の身が危ういと思い、千鶴丸を滝に捨てた。

頼朝も命をねらわれ、伊東を脱出して網代から船で上多賀の赤根崎に上陸。伊豆山へ逃げる途中、険しい山道を登りつづけ、のどが渇ききった。水を探し回ったが、見つからない。途方に暮れて腰をおろし、刀の柄で大地を突くと、突如水が湧き出し、伊豆山神社へ駆け込むことができたという。

ざっくりいうと「頼朝の一杯水」のいわれはこんな感じ。現在は小公園となり、千鶴丸を祀った峠の地蔵尊も安置されている。そのいにしえの水で育まれた白(源氏)のアジサイには鎌倉武士の気骨が漂う。

IMG_4599pp

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-12-7

    【お悔やみ】岡田カズ子さん(熱海市網代)12月5日死去

    岡田カズ子さん(おかだ・かずこ)12月5日死去、80歳。熱海市網代412。出棺8日午後2時、JAホー…
  2. 2021-12-6

    熱海梅園もみじまつりの人出3万2259人 前年比32%増

    熱海市観光協会は12月6日、「熱海梅園もみじまつり」(11月13日~12月5日)の人出をまと…
  3. 2021-12-6

    熱海土石流で熱海署、殺人容疑の告訴状受理 未必の故意捜査へ

    熱海市伊豆山で26人が死亡、1人が行方不明になっている土石流災害で、静岡県警熱海署は12月6日、土石…
  4. 2021-12-6

    忘年花火大会始まる 「バイ・シズオカ」効果で県内宿泊客増加

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月5日夜、…
ページ上部へ戻る