【花】旧跡「頼朝の一杯水」でアジサイが見ごろ

熱海市上多賀の「頼朝ライン」にある旧跡「頼朝の一杯水」でアジサイの花が見ごろを迎えている。
父源義朝が平治の乱で敗れ、頼朝は蛭ヶ小島(伊豆の国市)に20年ほど流された。そんな折り、お目付役の伊東祐親(平家)が京都に上っている間に娘の八重姫と恋仲になり、千鶴丸が生まれる。帰郷してこれを知った祐親は激怒、いやこのままで自分の身が危ういと思い、千鶴丸を滝に捨てた。

頼朝も命をねらわれ、伊東を脱出して網代から船で上多賀の赤根崎に上陸。伊豆山へ逃げる途中、険しい山道を登りつづけ、のどが渇ききった。水を探し回ったが、見つからない。途方に暮れて腰をおろし、刀の柄で大地を突くと、突如水が湧き出し、伊豆山神社へ駆け込むことができたという。

ざっくりいうと「頼朝の一杯水」のいわれはこんな感じ。現在は小公園となり、千鶴丸を祀った峠の地蔵尊も安置されている。そのいにしえの水で育まれた白(源氏)のアジサイには鎌倉武士の気骨が漂う。

IMG_4599pp

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-4-20

    熱海保健所管内でコロナ変異株初確認 すでに発表している20代男性

    静岡県は4月20日、すでに発表している新型コロナウイルス感染者の内、熱海保健所管内の20代男性の変…
  2. 2021-4-20

    熱海は5月下旬の陽気 ツツジが見ごろの姫の沢公園にハイカー続々

    日本の都市公園100選に選ばれている熱海市の姫の沢公園で、斜面に植えられた6万株のツツジの…
  3. 2021-4-19

    【お悔やみ】秋山和歌子さん(熱海市上多賀)4月17日死去

    秋山和歌子さん(あきやま・わかこ)4月17日死去、75歳。熱海市上多賀743。モンマート伊豆弥。通…
  4. 2021-4-18

    「まん延」で首都圏の日帰り客激減 宿泊客がゆったり花火見物

    今年度最初の熱海海上花火大会が4月17日、熱海湾で開催された。前線の影響で小雨が降り続く中…
ページ上部へ戻る