【市政】旅行目的は「温泉」が70% 熱海市が観光動線実態調査

 

熱海市は今年1月に市内の観光施設などで3年ぶりに実施した「観光動線実態調査」結果を公表した。静岡大人文社会科学部経済学科の学生と狩野美智子准教授、JTB中部の協力を得て梅園、熱海駅、起雲閣など市内5カ所で実施。観光客649人に回遊性、消費実態、満足度などに関する17項目の設問に答えてもらった。
「熱海を訪れた目的」は「温泉」が70%でトップ。「景色・自然」が29%、「交通の便」が23%、「料理・味覚」が19%、「季節の花」が18%、「街歩き、食べ歩き」が11%、「観光施設」が6%、「文化施設」5%などの順だった。

「平均宿泊料金」は、1万3470円で前回調査より1970円ダウン。宿泊料金の下落が新規需要の創造につながっている、と分析している。

大成館5階の貸切展望風呂

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-7-10

    来宮神社例大祭 「浦安の舞」公開稽古 コロナ感染防止で歴代初のデュオ

    熱海市の来宮神社(雨宮盛克宮司)例大祭(7月14-16日)で「浦安の舞」を奉納する舞姫2人が7月1…
  2. 2020-7-10

    東急不動産、熱海港観光のホテル建設計画取り下げ コロナで先行き見通せず

    東急不動産(東京都渋谷区)が熱海港観光施設(現海釣り施設駐車場)の市有地を借り受けて会員制ホテルを…
  3. 2020-7-8

    休業要請外の売上減事業者 一律10万円給付 申請受付7月17日まで

    新型コロナウイルスのために収入が減った事業者のうち、休業協力金の対象から外れた事業者に熱海市が独自…
  4. 2020-7-8

    熱海の名所めぐる「湯~遊~バス」 7月10日から運行再開 

    小田急グループの伊豆東海バスは、熱海市内の名所旧跡を循環する「湯~遊~バス」の運行を7月10日から…
ページ上部へ戻る