【市政】旅行目的は「温泉」が70% 熱海市が観光動線実態調査

 

熱海市は今年1月に市内の観光施設などで3年ぶりに実施した「観光動線実態調査」結果を公表した。静岡大人文社会科学部経済学科の学生と狩野美智子准教授、JTB中部の協力を得て梅園、熱海駅、起雲閣など市内5カ所で実施。観光客649人に回遊性、消費実態、満足度などに関する17項目の設問に答えてもらった。
「熱海を訪れた目的」は「温泉」が70%でトップ。「景色・自然」が29%、「交通の便」が23%、「料理・味覚」が19%、「季節の花」が18%、「街歩き、食べ歩き」が11%、「観光施設」が6%、「文化施設」5%などの順だった。

「平均宿泊料金」は、1万3470円で前回調査より1970円ダウン。宿泊料金の下落が新規需要の創造につながっている、と分析している。

大成館5階の貸切展望風呂

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-12-6

    熱海梅園もみじまつりの人出3万2259人 前年比32%増

    熱海市観光協会は12月6日、「熱海梅園もみじまつり」(11月13日~12月5日)の人出をまと…
  2. 2021-12-6

    熱海土石流で熱海署、殺人容疑の告訴状受理 未必の故意捜査へ

    熱海市伊豆山で26人が死亡、1人が行方不明になっている土石流災害で、静岡県警熱海署は12月6日、土石…
  3. 2021-12-6

    忘年花火大会始まる 「バイ・シズオカ」効果で県内宿泊客増加

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月5日夜、…
  4. 2021-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 きょう最終日、閉幕惜しみ観光客続々

    11月14日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月5日に全日程を終了し、閉幕する。「日本一遅い紅…
ページ上部へ戻る