【観光】ジージー鳴り響くセミの声、お盆休みに癒し求め中山晋平記念館へ

お盆休みを熱海で過ごす観光客や別荘族がピークを迎えた13日、JR熱海駅には大きな荷物を手にした人の姿が目立ち、市中心部の道路が多くの車で混み合った。観光客らが密かに訪れていたのが、熱海梅園の中山晋平記念館。深い緑に包まれ、庭先には濃いピンクの百日紅(サルスベリ)の花。そこにジー、ジーと鳴り響くセミの声。8月も半ばを迎え、海遊びに飽きた観光客たちが、日本庭園の静かなたたたずまいの中で日常の疲れを癒している。

この記念館は、中山晋平の別荘として昭和10年に熱海市西山町の建設されたものを移築したもので、邸内には「熱海節」を作曲(作詞西条八十)した昭和初期の熱海で最初のピアノが展示されている。

DSC_6937ss

 

DSC_6933ssDSC_6998ss内田滋ピアノ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-12-6

    熱海梅園もみじまつりの人出3万2259人 前年比32%増

    熱海市観光協会は12月6日、「熱海梅園もみじまつり」(11月13日~12月5日)の人出をまと…
  2. 2021-12-6

    熱海土石流で熱海署、殺人容疑の告訴状受理 未必の故意捜査へ

    熱海市伊豆山で26人が死亡、1人が行方不明になっている土石流災害で、静岡県警熱海署は12月6日、土石…
  3. 2021-12-6

    忘年花火大会始まる 「バイ・シズオカ」効果で県内宿泊客増加

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月5日夜、…
  4. 2021-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 きょう最終日、閉幕惜しみ観光客続々

    11月14日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月5日に全日程を終了し、閉幕する。「日本一遅い紅…
ページ上部へ戻る