【市政】市長退職手当、3期目は復活 9月議会が開会 

熱海市議会9月定例会が25日、開会した。会期を10月17日までの23日間とした後、3選を果たした斉藤栄市長が「今後とも、しがらみのない政治、公平な政治を貫いてまいります」と所信を表明し、議案提案の理由を述べた。上程した20議案には、市長が2期辞退してきた退職手当を、3期目は復活させる条例案も含まれている。

2006年9月に初当選した斉藤市長は「財政危機宣言」を発し、財政再建を最優先課題に掲げ「まず自ら身を削る」と市長の退職手当を支給しない条例を制定した。市長報酬も30〜15%削減、2期8年間で削減効果は合計約6500万円。当初から「3期12年」を掲げてきた市長は「債務の大幅な削減や基金の増加など財生再建はなった」と判断。最終期は退職金を受給する方針に転じた。

一般質問及び当局の答弁は10月6、7日に開かれる。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-12-5

    静岡県市町対抗駅伝 熱海市は市の部24位 3区でヘリヤー理紗さん区間3位  

    第21回静岡県市町対抗駅伝競走大会は12月5日、県内全35市町の37チームが参加して静岡市内の12…
  2. 2020-12-5

    熱海の老舗寿司「 三代目 和可奈」、二段重高級おせちの予約開始 巣ごもり反映

    年越しまで1カ月を切り、熱海市渚町の老舗寿司店「熱海三代目和可奈◯」でおせ…
  3. 2020-12-4

    元サッカー日本代表・中田英寿氏、熱海でトークショー 「工藝と食」熱弁

    熱海市のMOA美術館は12月4日、サッカー元日本代表MF・中田英寿氏、人気パティシエ・鎧塚…
  4. 2020-12-4

    金森和道さん、熱海市清水町にコロナ対策専門店 市民の感染対策に一助

    新型コロナウイルスの感染症拡大防止に役立ててほしいと、熱海市清水町に新規オープンした「あん…
ページ上部へ戻る