【市政】「観光まちづくり事業補助金」応募者不足で公募延長 

熱海市は平成21年から続けられている補助金制度「観光まちづくり事業補助金」を今年度も実施。NPO法人や市民団体が自ら企画実施する事業に対し、新規事業は補助対象経費の全額を最大30万円、継続事業は2分の1を10万円を限度に補助する団体を募集していたが、応募者が少なく、予算額160万円に達していないことから公募期間の延長を決めた。1週間延長して5月23日まで受け付ける。

 

応募資格は市内に活動拠点のある市民団体(構成員に3人以上の市民を含む組織)か市外に拠点があり、市内市民団体と協働で事業を実施できる団体。問い合わせは同市観光推進室〈電0557(86)6371〉へ。

 

 

(熱海ネット新聞)

 

 

≪ワンポイント≫取りやめた民間団体関係者によれば、市の助成を受けず、行政に介入されることなく事業展開を目指す団体が増えているのが原因とか。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-5-19

    熱海富士、12日目で念願の十両勝ち越し V争いでは1差で追走

    大相撲夏場所(東京・両国国技館)12日目の5月19日、十両2場所目の熱海富士(伊勢ヶ濱)は、大翔鵬(…
  2. 2022-5-19

    【お悔やみ】橋本政夫さん(熱海市小嵐町)5月16日死去

    橋本政夫さん(はしもと・まさお)5月16日死去、85歳。熱海市小嵐町。通夜19日午後6時。告別式20…
  3. 2022-5-19

    自民・阿達参院議員 20日午後6時〜熱海芸妓見番で国政報告会 

    自民党の阿達雅志参議院議員(全国比例)は、5月20日午後6時から熱海芸妓見番で国政報告会を開く。自民…
  4. 2022-5-18

    熱海土石流 58億円賠償求める裁判始まる 前・現所有者側争う姿勢

    熱海市伊豆山で昨年7月に発生した土石流災害をめぐり、崩落した盛り土のあった土地の前・現所有者ら8人と…
ページ上部へ戻る