【市政】「観光まちづくり事業補助金」応募者不足で公募延長 

熱海市は平成21年から続けられている補助金制度「観光まちづくり事業補助金」を今年度も実施。NPO法人や市民団体が自ら企画実施する事業に対し、新規事業は補助対象経費の全額を最大30万円、継続事業は2分の1を10万円を限度に補助する団体を募集していたが、応募者が少なく、予算額160万円に達していないことから公募期間の延長を決めた。1週間延長して5月23日まで受け付ける。

 

応募資格は市内に活動拠点のある市民団体(構成員に3人以上の市民を含む組織)か市外に拠点があり、市内市民団体と協働で事業を実施できる団体。問い合わせは同市観光推進室〈電0557(86)6371〉へ。

 

 

(熱海ネット新聞)

 

 

≪ワンポイント≫取りやめた民間団体関係者によれば、市の助成を受けず、行政に介入されることなく事業展開を目指す団体が増えているのが原因とか。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-11-28

    花火効果で11月の宿泊客数 コロナ禍以前2019年の9割まで回復

    熱海湾で11月27日、秋季熱海海上花火大会を開催がされ、午後8時20分から20分間にわたって3千発が…
  2. 2021-11-28

    【お悔やみ】青木千鶴子さん(熱海市和田町)11月25日死去

    青木千鶴子さん(あおき・ちづこ)11月25日死去、82歳。熱海市和田町3の4。通夜28日午後6時。告…
  3. 2021-11-27

    熱海梅園もみじまつり、最初のピーク突入 グラデーション鮮やか

    もみじまつり(11月14日〜12月5日)が開幕して3度目の週末をとなった11月27日、熱海梅園では園…
  4. 2021-11-27

    熱海土石流で市長、自身の責任認める 責任の取り方は第三者委に委ねる

    熱海市の齋藤栄市長は11月26日、市役所で会見し、伊豆山地区の大規模土石流の被害を甚大化させた(26…
ページ上部へ戻る