【市政】第2庁舎は現状でも問題なし 市が耐震書類紛失、NTT西日本が調査

 

熱海市は2000年に行われた耐震診断により、第2庁舎はIS値(構造耐震指標)が0・6で、倒壊、崩壊する危険性は低いことが分かった。市が診断結果の書類を紛失したことに伴い、前所有者のNTT西日本の調査で分かった。
同庁舎はNTT西日本から1990年に賃貸を開始し、2006年に売買契約を結んで市所有になった。現在は、学校教育課、生涯学習課、上下水道課が行っている。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-5-18

    難波副知事「行政の対応不十分、深く反省」 熱海土石流の第三者委報告で

    熱海市伊豆山で昨年7月に発生した大規模土石流に関する静岡県の第三者委員会が、「最悪の事態の想定をでき…
  2. 2022-5-16

    十両2場所目の熱海富士、勝ち越し王手 7勝2敗で首位に

    大相撲夏場所(東京・両国国技館)9日目の5月16日、十両2場所目の熱海富士(19、伊勢ヶ濱)は、島津…
  3. 2022-5-16

    渡邊彩香、ミセスでもV  高橋彩華とのプレーオフ制し通算5勝目

    女子ゴルフの「ほけんの窓口レディース」最終日が5月15日、福岡県・福岡CC和白(6299ヤード、パー…
  4. 2022-5-15

    熱海海上花火大会 旅行喚起策「しずおか元気旅」効果で県外から続々

    熱海湾で5月14日、今年度3度目の海上花火大会があり、午後8時20分〜40分に3000発を打…
ページ上部へ戻る