【経済】2月の入湯税 伊豆山が25.0%増 熱海は5.1%減

熱海市が公表した2月の入湯税課税状況によると、旅館・ホテルと寮・保養所を合わせた303施設で21万2451人、前年同月比で3120人、1・5%増加した。税額は3186万7650円。

 
地区別に見ると、熱海5・1%減、伊豆山25・2%増、泉0・8%増、南熱海(多賀・網代)47・0%増。
業種別では旅館・ホテルは約18万4000人で同4・3%増、寮・保養所は同13・9%減だった。

 

熱海地区の減少は、2週続けて週末に大雪が降ったことが影響したものと思われる。

(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-12-6

    熱海梅園もみじまつりの人出3万2259人 前年比32%増

    熱海市観光協会は12月6日、「熱海梅園もみじまつり」(11月13日~12月5日)の人出をまと…
  2. 2021-12-6

    熱海土石流で熱海署、殺人容疑の告訴状受理 未必の故意捜査へ

    熱海市伊豆山で26人が死亡、1人が行方不明になっている土石流災害で、静岡県警熱海署は12月6日、土石…
  3. 2021-12-6

    忘年花火大会始まる 「バイ・シズオカ」効果で県内宿泊客増加

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月5日夜、…
  4. 2021-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 きょう最終日、閉幕惜しみ観光客続々

    11月14日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月5日に全日程を終了し、閉幕する。「日本一遅い紅…
ページ上部へ戻る