【観光】ジオパークでユネスコに質問文書 「イルカ漁」で保留の根拠は?

今年9月に世界ジオパークへの認定が保留された伊豆半島ジオパークの推進協議会(熱海市など15市町で構成)は22日、国連教育・科学・文化機関(ユネスコ)に対し、質問の文書を提出したと発表した。地元での「イルカの追い込み漁」を保留の理由の一つにあげた根拠などを確認するのが目的。
世界ジオパークネットワーク(GGN)は、保留の理由の一つにをかつて「いとう漁協」で行われていたイルカ漁を挙げていた。さらに10月に協議会に届いたメールでは、「イルカ漁を抑制するよう再保証を求める」としている。
推進協議会は質問文書の中で、「再保証を求める根拠は何か」とした上で、「ジオパークはその地域の営みや生態系が活動対象と理解している。地域の中で議論を深めていくため、根拠規定を明確に教えてほしい」と理解を求めた。

jio

イルカの写真は「ドルフィン・ファンタジー伊東」のfbより

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-8-16

    伊豆山土石流 遺族らが齋藤市長を告訴・告発、市長選を前に異例の事態

    昨年7月3日の熱海市伊豆山で起きた大規模土石流を巡り、犠牲者遺族ら4人が8月16日、齋藤栄市長(59…
  2. 2022-8-13

    行動制限のないお盆休み 多賀ビーチで花火大会とビアガーデンが復活

    熱海市の長浜海浜公園で8月12日夜、「伊豆多賀温泉海上花火大会」(多賀観光協会主催)が開催さ…
  3. 2022-8-13

    農水副大臣に勝俣孝明氏 第2次岸田改造内閣 伊豆山港の復興に注力

    政府は8月12日午前の臨時閣議で、第2次岸田改造内閣発足に伴う副大臣26人と政務官28人の人事を決め…
  4. 2022-8-10

    故 川口市雄前熱海市長へに従五位を伝達 下多賀の自宅で遺族に

    5月28日に肺炎のため85歳で亡くなった前熱海市長の川口市雄(かわぐち•いちお)氏に従五位が伝達され…
ページ上部へ戻る