【社会】「なおちゃんを救う会」に寄付金を贈呈

熱海社交業組合(小石川勇組合長、加盟63店舗)は29日、市議会議長応接室で劇症型心筋炎を患い、米国での心臓移植手術を待つ富士市の吉岡奈緒ちゃん(6歳)を支援する「なおちゃんを救う会」に3万300円を寄付した。
21日にあった同組合の総会後の懇親会で会員がポケットマネーで集めた浄財金。中村誠会長代行、古谷寿浩会計、顧問の田中秀宝市議が、救う会の佐藤久美子さんと牧野昇さんに寄託した。
佐藤さんは昨年、古谷さんとともに御鳳輦奉仕を行ったメンバーで、なおちゃんの母親・陽子さんとは三島北高時代のソフトボール仲間。同会の立ち上げから尽力し、熱海駅などで募金活動を続けている。

◆米国で手術 なおちゃんは昨年6月、心臓にウイルスが感染した劇症型心筋炎と診断され、静岡市の県立こども病院に緊急入院。今年3月に東京大学医学部付属病院に転院し、米コロンビア大学病院での心臓移植手術が内定した。しかし、手術は医療保険の適用外で、人工心臓を装着したまま渡米しなければならないことなどから、費用総額は2億7000万円。これまで1億7000万円ほどが全国から寄せられている。
募金の問い合わせは救う会事務局=電0545(35)5776=へ。

naobokinn

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-5-18

    熱海土石流 58億円賠償求める裁判始まる 前・現所有者側争う姿勢

    熱海市伊豆山で昨年7月に発生した土石流災害をめぐり、崩落した盛り土のあった土地の前・現所有者ら8人と…
  2. 2022-5-18

    難波副知事「行政の対応不十分、深く反省」 熱海土石流の第三者委報告で

    熱海市伊豆山で昨年7月に発生した大規模土石流に関する静岡県の第三者委員会が、「最悪の事態の想定をでき…
  3. 2022-5-16

    十両2場所目の熱海富士、勝ち越し王手 7勝2敗で首位に

    大相撲夏場所(東京・両国国技館)9日目の5月16日、十両2場所目の熱海富士(19、伊勢ヶ濱)は、島津…
  4. 2022-5-16

    渡邊彩香、ミセスでもV  高橋彩華とのプレーオフ制し通算5勝目

    女子ゴルフの「ほけんの窓口レディース」最終日が5月15日、福岡県・福岡CC和白(6299ヤード、パー…
ページ上部へ戻る