【経済】ホステル「カオサン」熱海進出 1泊朝食付き3800円~

「カオサン」ブランドのホステルを全国で10店舗展開する有限会社万両(本社東京、小澤弘視社長)は29日、「カオサン熱海 温泉旅館&ホステル」をオープンさせた。
11店目となる全室オーシャンビューのカオサン熱海は、市内海光町にあった保養所施設を改修したもので、地下1階、地上7階、客室16、最大収容人数70。フロント、ロビー、キッチン、食堂、大浴場など共用スペースを増やし、大幅にコストダウン。価格は1泊朝食付きでドミトリー(相部屋)が3800円~、個室(2~4人利用)は1人5千円~。低料金で宿泊できることから東京や京都のグループ店では訪日外国人や学生に人気が高い。
装飾に提灯、衣装にはハッピと浴衣、食堂には演出として屋台を設置するなど、お祭りに来た時のようなワクワクする空間をす創り出している。訪日外国人の個人旅行者の多くは、ジャパン・レール・パスという、新幹線にも利用できるJRのパスを利用しており、その多くが、東京⇔京都・大阪間を新幹線で行き来している。この2つのエリアは週末を中心に平日もほぼ満室状態であることから、熱海の途中下車宿泊を期待している。

昨年、熱海市は海外からの訪日旅行者数が前年比282.7%で伸び率で日本一を記録。中国からの”爆買い”でクルーズ船の乗客が年間100万人を突破した2位の福岡市(天神・中洲・百道浜)を上回った。熱海を訪れる外国人観光客の受け皿になりそうだ。

◆カオサン熱海  熱海駅より市バス「前山田」下車すぐ(所要時間5分)。熱海市海光町9-8 ☎ 0557-81-6780

1059210_16012722120039448777 1059210_16012722120039448793 syokudou1059210_160127221200394487981059210_16012722120039448790kaosann2

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-7-5

    熱海市 台風4号接近で午後7時に避難所開設 大雨に備え7カ所

    台風4号の接近に備え、熱海市は7月5日午後7時に避難所を開設した。避難所は泉小中学校・伊豆山小学校・…
  2. 2022-7-5

    「熱海こがし祭り•山車コンクール」 3年ぶり開催も参加申請は10町内 

    来宮神社例大祭の一環として行われる「熱海こがし祭り•山車コンクール」(7月15・16日=市観光協会主…
  3. 2022-7-4

    遺族に提訴され、被告の熱海市 「利益相反」でも遺族支援で裁判に協力

    熱海市の齋藤栄市長は7月4日、伊豆山土石流災害で遺族、被害者らが「市の行政判断に過失があった」として…
  4. 2022-7-4

    残る1人「絶対に見つけ出す」 静岡県警が過去最大規模で一斉捜索

    死者27人(災害関連死1人含む)、行方不明者1人を出した熱海市伊豆山の土石流災害の発生から1…
ページ上部へ戻る