【観光】熱海梅園「梅まつり」が開幕、早春の甘い香りを満喫

熱海梅園で9日から「梅まつり」が始まり、ひと足早い春を求める観光客でにぎわった。園内の梅は暖冬で例年より1カ月ほど開花が早く、八重寒紅や冬至梅、八重野梅などの早咲梅(271本)は三分咲きを超え、30本は見ごろを迎えている。中手、遅咲きも開花が進み、園全体では2分咲きに近い。
オープニングセレモニーでは、中島幹雄熱海市観光協会会長、斉藤栄市長のあいさつの後、伊豆大島の橘田竹弘副町長と白井岩仁観光協会会長が壇上に立ち、両市町のシンボルである梅と椿を交換し、交流を深めた。熱海芸妓があでやかに踊りを披露、第29代梅の女王の熊谷明日可さんをはじめ、ミス熱海の5人がデビューを飾り、来園者をもてなした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

交換

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

◆中島会長の話 今年は昨年11月中旬から花が咲き始め、今日は初日ですが、3月までもつのか、と心配になるくらい開花が早い。平成19年に大塚商会の大塚実会長に多大なるご寄付をいただいて、約7年間かけて再整備し、このような明るい梅園にすることができた。
◆斉藤市長の話 日本一の早咲きで知られる熱海梅園は明治19年、初代内務省衛生局長だった長与専斎が設立した温泉を使った療養機関(噏滊館=きゅうきかん)利用者が山を歩く場所として梅を植栽したのが始まり。ある意味、国立療養所の森林浴の場。130年の歴史を持つ由緒ある場所です。

芸者

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

IMG_1128ss

◇熱海芸妓の踊り
・演目 ちょいきな節、梅はさいたか、梅まつりの歌、三下り甚句
・立ち方 小菊、千代菊、初菊、美保、小夏
・地方 露子(三味線)、小いち(鳴物)
◇ミス熱海 第29代梅の女王=熊谷明日可、梅娘=小松莉星(りせ)、梅澤美咲、桜娘=稲生薫子、永井優里
◇ミス大島 第59代ミス大島=島津恵梨子、第23代椿の女王=山城愛弓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

みすつばき

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
初日は中央広場で熱海囃子(ばやし)笛伶会(てきれいかい)の演奏やミス熱海の撮影会、甘酒の無料サービスがあり、園内の香林亭では新春落語会がスタート、柳家ほたるさんが名人芸を披露した。大島町は今年も椿小鉢200人分を梅園入り口で配り、1月31日から始まる「椿まつり」(3月6日まで)をピーアールした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
◆第72回熱海梅園「梅まつり」 日本一早咲きの梅で知られる熱海梅園で開かれ、まつり期間中に59品種・472本の梅が早咲き種→中手→遅咲き種と順番に咲き誇る。 週末や祝日には熱海様々なイベントを開催。
◇期間 1月9日(土)~3月6日(日)、1月23日以降は有料・一般300円
◇主催 熱海市観光協会 0557-85-2222

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-7-5

    熱海市 台風4号接近で午後7時に避難所開設 大雨に備え7カ所

    台風4号の接近に備え、熱海市は7月5日午後7時に避難所を開設した。避難所は泉小中学校・伊豆山小学校・…
  2. 2022-7-5

    「熱海こがし祭り•山車コンクール」 3年ぶり開催も参加申請は10町内 

    来宮神社例大祭の一環として行われる「熱海こがし祭り•山車コンクール」(7月15・16日=市観光協会主…
  3. 2022-7-4

    遺族に提訴され、被告の熱海市 「利益相反」でも遺族支援で裁判に協力

    熱海市の齋藤栄市長は7月4日、伊豆山土石流災害で遺族、被害者らが「市の行政判断に過失があった」として…
  4. 2022-7-4

    残る1人「絶対に見つけ出す」 静岡県警が過去最大規模で一斉捜索

    死者27人(災害関連死1人含む)、行方不明者1人を出した熱海市伊豆山の土石流災害の発生から1…
ページ上部へ戻る