【ゴルフ】彩香、イ・ボミとの最終組対決に敗れ2位 獲得賞金は9866万円超え

◇大王製紙エリエール・レディス最終日(22日、福島・五浦庭園CC=パー72)
渡辺彩香(22)=ユピテル=は、3バーディー、2ボギーの71とスコアを伸ばしきれず、通算11アンダーの2位。賞金790万円を加算し、今季の総獲得賞金を9866万6583円(5位)に伸ばした。今季の賞金女王が確定しているイ・ボミ(27、韓国)が首位から出て3バーディー、ノーボギーで回り、通算16アンダーで今季7勝目、ツアー通算15勝目を挙げた。
女子ゴルフツアーは大王製紙エリエール・レディースを終え、賞金ランキング25位以内の選手らによる最終戦を残すのみとなったことで来季の賞金シード50選手が決まった。

渡辺彩香は焦りはなかったものの、「チャンスが少なく、流れが良くなかった」と総括した。誰よりもイボミを意識。「負け続けては終われない」と気合を込めたが、最終日、最終組の直接対決は、「ボミさんがボギーを叩かないことは、何度も一緒にプレーしてわかっている。でも、追いかける私は、自分がスコアをどんどん伸ばさないと、勝てないことはわかっていた。そういうことに対して、ショットの調子と気持ちがうまくコントロールできなかったのかもしれません」と反省の言葉を口にしている。公約は今シーズン中に3勝をあげることだ。残りは1戦。「宮崎カントリークラブは去年、初めてプレーしました。私は好きです。とてもいい印象が残った。もう1度、仕切り直しをして、全力投球します」と自身へ言い聞かせるように話し、「期待してください!」と締めくくっている。
文と写真=LPGA

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-2-4

    熱海富士、来宮神社と今宮神社で豆まき 3年ぶりに熱海らしい行事戻る

    節分の2月3日、熱海出身の大相撲・熱海富士関(20)が来宮神社(雨宮盛克宮司)と今宮神社(泉…
  2. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  3. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
  4. 2023-1-27

    熱海梅園の梅、早咲き種が4・26分咲き 例年より10日早く見頃に

    この冬一番の強い寒気が流れこみ、全国的に気温が低下するなか、「梅まつり」開催中の熱海梅園で早…
ページ上部へ戻る