【ゴルフ】見せたプロの意地、渡辺彩香が単独首位 

◇サイバーエージェントレディース初日(2日、千葉・鶴舞CC(6515ヤード、パー72)
熱海出身の渡辺彩香(20)=ユピテル=が7バーディー、2ボギーで回り、5アンダーで単独首位スタートを切った。
1打差の2位に17歳のアマチュア、森田遥(高松中央高3年)と一ノ瀬優希、福田真未の3人。大会連覇を狙う横峯さくらは2オーバーで42位、KKT杯バンテリンレディスオープンで史上最年少優勝した15歳のアマチュア、勝みなみ(鹿児島高1年)は4オーバーで70位と出遅れた。
森田理香子、前週優勝のフェービー・ヤオ(台湾)は出場していない。

 

強い彩香が戻ってきた。1番で約20メートルのバーディーパットを沈めると、14番までボギーなしの6バーディー。16、17番で連続ボギーをたたいたが、パー5の18番で3オンすると、8メートルを沈めバーディーで締めた。
前週は準地元の川奈(伊東)での大会で、気が張り過ぎて失速。今週前半は熱海で休養し、会場入りは前々日。「おかげで気持ちもすっきりして、体も軽い」。高校生の活躍も刺激になっているようで「気持ちが引き締まりますね」と今季2勝目に気合を込めた。

 

(熱海ネット新聞)

 

1r_01watanabe1[渡邉 彩香]

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-2-5

    立春 熱海サンビーチ「釜鳴屋平七」像前であたみ桜満開 

    二十四節気のひとつで春の始まりとされる「立春」の2月4日、熱海市では早咲きで知られる「あたみ桜」…
  2. 2023-2-4

    熱海富士、来宮神社と今宮神社で豆まき 3年ぶりに熱海らしい行事戻る

    節分の2月3日、熱海出身の大相撲・熱海富士関(20)が来宮神社(雨宮盛克宮司)と今宮神社(泉…
  3. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  4. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
ページ上部へ戻る