【ゴルフ】渡辺彩香が首位スタート 今週は、私が主役! 

◇ニトリレディース第1日(28日・北海道小樽CC=パー72)
渡辺彩香(21)=ユピテル=が3バーディー首位スタートを切った。ボギーなしは出場120人中、2人だけ。同じ首位に成田美寿々、イ・ボミ、原江里菜、松森彩夏、全美貞の6人。1打差の7位にアン・ソンジュ(韓国)、若林舞衣子ら4人。2戦連続優勝を狙う服部真夕はイーブンパーの18位。昨年優勝の申ジエ(韓国)は、藤田光里、菊地絵理香らとともに3オーバーの57位。

今週は、私が主役! 渡辺彩香が期待通りの好発進を披露した。こんな自己暗示なら、それこそ大歓迎だ。「しばらく前から、周囲から、『小樽ゴルフ倶楽部は私、向き』。たくさんの方からそういわれて…。だから、絶対、と気合が入っていました」。バーディー数こそ、3だったが、ノーボギーのラウンドに満足そうな笑みを浮かべた。「たくさんの応援をいただいた、『CAT Ladies』は残念でしたけど、すぐに気持ちを切り替えられたのは、今大会が控えていたからです。でも、こちらにきてから、リズムが合わずに大丈夫かなぁ、と思っていました」と本音を明かした。しかし、熱意は自然をも味方につけた。

開幕前日、プロアマ大会のパーティーが終了した時のことだ。「練習場はずっと右からの風が吹き抜けていました。私は、右からの風の中で打つのは、あまり好きではない。きのう、パーティーが終わると、風が止んでいた。チャンスだと思いましたね」。無人のドライビングレンジで、黙々と打ち込む。おかげで、いつものリズムを取り戻した。「ピンチは16番の1度だけ。それも花道からだったので、うまくしのぐことができた。グリーンも速いし、私は好きですね。フェアウエイもきれいだし、プレー中、とにかく楽しいです」。ますます自信を深めた渡辺。そうはいっても、どこに落とし穴があるかわからない。「きょうはうまくいったけど、そうはいかないでしょう。細心の注意を払いながら、第2日もプレーしたい。服部さん、(成田)美寿々さんと同組のラウンドは、リズム良く回れるので、本当にありがたいですね」。先輩プロへの感謝も忘れない。気配り、心配りも勝利を呼び込む重要なアイテムだ。
文と写真=LPGA

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-5-18

    熱海土石流 58億円賠償求める裁判始まる 前・現所有者側争う姿勢

    熱海市伊豆山で昨年7月に発生した土石流災害をめぐり、崩落した盛り土のあった土地の前・現所有者ら8人と…
  2. 2022-5-18

    難波副知事「行政の対応不十分、深く反省」 熱海土石流の第三者委報告で

    熱海市伊豆山で昨年7月に発生した大規模土石流に関する静岡県の第三者委員会が、「最悪の事態の想定をでき…
  3. 2022-5-16

    十両2場所目の熱海富士、勝ち越し王手 7勝2敗で首位に

    大相撲夏場所(東京・両国国技館)9日目の5月16日、十両2場所目の熱海富士(19、伊勢ヶ濱)は、島津…
  4. 2022-5-16

    渡邊彩香、ミセスでもV  高橋彩華とのプレーオフ制し通算5勝目

    女子ゴルフの「ほけんの窓口レディース」最終日が5月15日、福岡県・福岡CC和白(6299ヤード、パー…
ページ上部へ戻る