【市政】2月定例会一般質問がスタート 蛭川麻希子議員がカジノ誘致に斬り込む

 

熱海市議会の2月定例会の一般質問が6日から始まり、最初に登壇した蛭川麻希子議員(自民党熱海創政会)はカジノ誘致問題を取り上げ、斉藤栄市長に「賛成か、反対か」の明快な回答を求めた。これに対し、平成18年の市長就任以来、「市が進める観光のまちづくりと青少年などへの影響を勘案して情報を収集している」と答え続けてきた市長は、この日も「両方の声を聞いて判断したい」と言葉を濁した。蛭川議員は再質問で「情報収集もいいが、個人的な見解は」と畳みかけたが、「個人的な気持ちは公的な気持ちになる」と明言を避けた。

IR推進法案(特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法案)は今国会の予算委員会のあと、5月に審議に入り、6月22日の会期末までに法案が成立、2020年の東京五輪に合わせ解禁の見通し。現在、カジノ誘致を検討している自治体は北海道から沖縄まで約20都市あるが、いまだに明確なビジョンを打ち出さない熱海市は不戦敗が予想される。。

(編集主幹・松本洋二)

 

◇IRとは

カジノを中心としたホテル、娯楽施設などを融合させた観光施設を目指す世界共通語。

◇経済効果

東京都の場合、カジノの経済効果を2200億円と試算。収益の10%をカジノ税とすると220億円が税収。1万人の雇用も創出する。

 

IMAG3223

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-1-27

    熱海市の新規コロナ感染者22人 県内では過去最多を3日連続更新=1月27日

    静岡県と熱海市は1月27日、熱海市で22人の新たな新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。県内…
  2. 2022-1-27

    「まん延防止」適用の酒類販売と時短、30日までは準備期間で通常営業

    新型コロナウイルスまん延防止等重点措置の適用を受け、静岡県はきょう1月27日から人流抑制のため飲食店…
  3. 2022-1-27

    熱海市内の小学校児童と保育園児がコロナ感染 学年及びクラス閉鎖 

    熱海市教育委員会は1月27日、市内の小学校1校の児童1人と保育園1園の園児1人の新型コロナウイルスの…
  4. 2022-1-26

    熱海市の一般高齢者 きょう27日から3回目接種予約スタート 

    熱海市では、1月27日から65歳以上の一般高齢者を対象とした新型コロナワクチンの3回目接種の予約を始…
ページ上部へ戻る