【文化】森村誠一賞に森萄子さん 第2回写真俳句コンテスト

 

熱海でも執筆活動を続ける作家の森村誠一さんが提唱、普及する「第2回写真俳句ストーリーコンテスト」(主催・熱海市各地区観光協会連絡会)の最終審査と表彰式が23日、起雲閣であった。「森村誠一賞」は森萄子さん(栃木県)の写真と句「梅ふふむ吾子(あこ)声たてて笑う日に」が受賞した。

 

 

表彰式では森村さんが「芭蕉や蕪村になったつもりで熱海写真俳句の愉しみ」をテーマに講和し、スライドを使って写真と俳句の表現方法を説明した。

 

 

今回は1月11日から2月28日まで公募し、自由句、課題句の両部門で全国から94人、244作品の応募があった。
参加者約40人が入賞作品20点を選び、そこから森村さん、斉藤栄市長、森田金清同連絡会代表、俳句編集者の山口亜希子さんが優秀賞、市長賞を選び、森村さんが「森村誠一賞」を決めた。

 

(熱海ネット新聞)

 

 

◇写真俳句
作家の森村誠一氏が提唱する写真と俳句を組み合わせた表現手法。『森村誠一の写真俳句のすすめ』の刊行が契機となり、ブームが起きた。

 

025

斉藤栄市長

 

 

森村誠一

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-9-20

    台風が逸れ、ホッ! 熱海海上花火大会秋季シリーズ開幕 

    熱海海上花火大会の秋季シリーズ第1弾が9月19日、熱海湾であり、午後8時20分〜40分に30…
  2. 2022-9-14

    車に2度ひかれ、近所の女性死亡 熱海・長浜海岸の国道135号で

    9月13日午後4時ごろ、熱海市下多賀の海水浴場バス停(旧長浜海水浴場)近くの国道135号で、…
  3. 2022-9-14

    秋の訪れ 熱海梅園で真っ赤な彼岸花が見ごろ 今年も定刻通り

    熱海梅園で、秋の彼岸と時を同じくして鮮やかな赤い花をつける彼岸花(別名:曼珠沙華=マンジュシャゲ)が…
  4. 2022-9-12

    落選の泉明寺氏「悔いはない」 今後の政治活動は「力を付けて再挑戦」

    9月11日午後10時半過ぎ、熱海市清水町の泉明寺みずほ氏(51)の事務所に「齋藤氏当選確実」…
ページ上部へ戻る