【社会】下多賀の国道135号で信号機に激突 市内の男性1人が死亡

1月15日午前9時50分ごろ、熱海市下多賀の国道135号線で、市内の70代の男性が運転する軽自動車が歩道上の信号機の柱に激突した。男性は全身打撲でドクターヘリで市外の病院に救急搬送されたが、死亡した。病死の可能性もあるため、警察は詳しい死因を調べている。現場はマックスバリュー熱海多賀店近くの三叉路交差点。車は山側から下ってきた。
熱海市では2015年11月27日から交通死亡事故ゼロが続いている。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
  2. 2022-11-28

    日本最速で春景色 南熱海の各所でヒマラヤザクラが一斉に見ごろに

    熱海市多賀地区の長浜海浜公園や「さくらの名所散策路」(愛称・四季の道)でヒマラヤザクラが見ご…
  3. 2022-11-28

    鮮やか、紅オレンジと緑のコントラスト 熱海梅園に紅葉狩り客続々

    熱海梅園で紅葉が見ごろを迎えた。園内に植えられた380本ある楓(かえで)類が赤やオレンジ、黄…
  4. 2022-11-26

    藤曲氏「県政報告会」で統一教会退会を報告 来春県議選に出馬表明

    (さらに…)…
ページ上部へ戻る