【社寺】伊豆山神社の秘伝「走湯山秘訣絵巻」が市外で初公開 新宿の「柿伝ギャラリー」

 

 

源頼朝が征夷大将軍の守護神として奉(まつ)り、徳川家康も崇敬した伊豆山神社の由来や歴史を描いた「走湯山秘訣(そうとうさんひけつ)絵巻」が、東京・新宿区の柿伝(かきでん)ギャラリーで展示公開されている。同神社が絵巻を市外に出展するのは初めて。

同神社はかつて「走湯権現」と呼ばれ、神仏習合の一大霊場だった。そこに伝わる神の物語を鎌倉時代に記したのが「走湯山秘訣絵巻」で、代々の氏人の長(宮司)1人だけに披見を許され、御神体と同様に秘められてきた。その秘伝の書を広く人々に伝承しようと、2011年に国文学研究者、書家、画家の協力を得て、わかりやすい文章とし絵巻を制作した。全4巻合わせて約30メートルに及ぶ大作。公開は7日まで。

(熱海ネット新聞)

問い合わせは同ギャラリー〈電03(3352)5118〉へ。

 

走湯山秘訣絵巻

 

 

走湯山秘訣絵巻

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-7-4

    遺族に提訴され、被告の熱海市 「利益相反」でも遺族支援で裁判に協力

    熱海市の齋藤栄市長は7月4日、伊豆山土石流災害で遺族、被害者らが「市の行政判断に過失があった」として…
  2. 2022-7-4

    残る1人「絶対に見つけ出す」 静岡県警が過去最大規模で一斉捜索

    死者27人(災害関連死1人含む)、行方不明者1人を出した熱海市伊豆山の土石流災害の発生から1…
  3. 2022-7-4

    伊豆山土石流から1年 教訓を次世代に 熱海市が追悼式

    熱海市伊豆山で死者27人(災害関連死1人含む)、行方不明者1人を出した伊豆山土石流から7月3日で1年…
  4. 2022-7-4

    【お悔やみ】髙𣘺久雄さん(熱海市伊豆山)7月1日死去

    髙𣘺久雄さん(たかはし・ひさお)7月1日死去、96歳。熱海市伊豆山。「魚久」創業者。通夜5日午後6時…
ページ上部へ戻る