【社寺】枝垂れ桜満開の伊豆山神社で例大祭 15日に神幸行列が渡御

伊豆山神社の平成26年度例大祭役員代表者が8日、熱海市役所に斉藤栄市長を訪ね、例大祭の概要を説明し、協力を要請した。訪れたのは原口尚文宮司、大館節生総代会長、中田剛充責任役員、当番町・仲道町の菅谷正代表の4人。昨年は夫妻で頼朝・政子に扮して神幸祭に加わった市長だが、今年は単身で参列する。

この日を待っていたかのように、同神社本殿前の枝垂れ桜はご覧のように満開、八重桜も見ごろとなり、舞台も整った。

例大祭は14日の宵宮に始まり、15日、16日が本祭り。
呼び物の神幸行列は15日に挙行され、御神体を乗せた神輿が石段837段を駆け下り、国道下の下宮まで降ろして神楽を奉奏した後、再び神社に戻る。

(熱海ネット新聞)

 

伊豆山神社神輿資料

【伊豆山神社例大祭行事】
◇宵宮祭 14日午後8時
◇例大祭 15日午前10時=神女舞、実朝の舞奉奏
◇神幸祭(雨天の場合16日に執り行う)
発輿祭 15日午後1時=御列召立の儀
下宮祭 15日午後2時=神女舞、実朝の舞奉奏
還御祭 15日午後3時=神女舞、実朝の舞奉奏
◇正殿祭 16日午前10時

【神賑奉納諸行事】
◇例大祭奉祝古式み輿練り(伊豆山勢輿会) 15日、町内練り
◇古式 三三九 手挟大的奉射(小笠原流宗家一門奉仕) 15日午前11時30分(雨天中止)

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-2-5

    立春 熱海サンビーチ「釜鳴屋平七」像前であたみ桜満開 

    二十四節気のひとつで春の始まりとされる「立春」の2月4日、熱海市では早咲きで知られる「あたみ桜」…
  2. 2023-2-4

    熱海富士、来宮神社と今宮神社で豆まき 3年ぶりに熱海らしい行事戻る

    節分の2月3日、熱海出身の大相撲・熱海富士関(20)が来宮神社(雨宮盛克宮司)と今宮神社(泉…
  3. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  4. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
ページ上部へ戻る