【社寺】除夜の鐘 熱海市街にゴーンの音響く

熱海市上宿町の浄土宗法界山「誓欣院(せいごいん)」(長田明頼住職)で大晦日の31日、参拝者による除夜の鐘突きがあり、「ゴーン」という鐘の音が熱海市街に響いた。午後11時から始まり、近隣の人や観光客が「そーれ」の掛け声に合わせて梵鐘を突き、その梵音によって百八の煩悩を消去して新年を迎えた。107打を参拝者が交代でつき、108打目は長田住職がついた。
もともとは地元の檀家や近隣住民が除夜の鐘をついていたが、市の高齢化と少子化が進み、近年は観光客の参加が多くなったという。
参拝者には年越しそばが振る舞われ、大勢の人で賑わった。

DSC_3842ssDSCN6395DSCN6412外

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-8-13

    行動制限のないお盆休み 多賀ビーチで花火大会とビアガーデンが復活

    熱海市の長浜海浜公園で8月12日夜、「伊豆多賀温泉海上花火大会」(多賀観光協会主催)が開催さ…
  2. 2022-8-13

    農水副大臣に勝俣孝明氏 第2次岸田改造内閣 伊豆山港の復興に注力

    政府は8月12日午前の臨時閣議で、第2次岸田改造内閣発足に伴う副大臣26人と政務官28人の人事を決め…
  3. 2022-8-10

    故 川口市雄前熱海市長へに従五位を伝達 下多賀の自宅で遺族に

    5月28日に肺炎のため85歳で亡くなった前熱海市長の川口市雄(かわぐち•いちお)氏に従五位が伝達され…
  4. 2022-8-10

    ビーチで手持ち花火を楽しんで! 熱海・長浜海水浴場に「特設会場」

    熱海市の多賀観光協会は長浜海水浴場に手持ち花火用の「花火広場」を設置、無料で開放している。1…
ページ上部へ戻る