【経済】新理事長に目黒俊男氏(サンミ倶楽部) 熱海温泉ホテル旅館協同組合

熱海温泉ホテル旅館協同組合(加盟58軒)の新理事長に目黒俊男氏(65=ホテルサンミ倶楽部)の就任が決まった。

内田進理事長(古屋旅館)が11月1日に熱海商工会議所会頭に就いたことに伴い、同協同組合は12月24日に理事会を開き、後任理事長に目黒氏を全員一致で選出した。任期は理事長残任期間の2015年3月31日まで。副理事長などの人事は来年1月下旬の理事会で決める。

熱海の基幹産業であるホテル旅館の耐震補強対策、熱海駅前広場の整備事業などのかじ取りを託された。

◇目黒俊男氏 山口県萩市出身。法大工学部建築学科卒。建設会社を経て1999年にホテルサンミ倶楽部社長就任。

◇内田進前理事長 2006年4月1日に理事長に就任。商工会議所会頭に専念するため、4期途中で退任。

内田 目黒

右から2人目が目黒新理事長

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-12-5

    晩秋の風物詩、見ごろ続く中「熱海梅園もみじまつり」閉幕

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕した。今年は紅葉が遅…
  2. 2022-12-5

    忘年花火大会始まる 「熱海梅園もみじまつり」閉幕で主役交代

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月…
  3. 2022-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 最終日、園道彩る「敷(しき)もみじ」

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕する。「日本…
  4. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
ページ上部へ戻る