【経済】旧正月が始まり、中国・寧波から静岡空港に初チャーター便

中国の春節(旧正月)連休が18日に始まるのを前に17日、静岡空港に静岡と中国浙江省・寧波(ネイハ)を結ぶ初めてのチャーター便が156人を乗せて到着した。3月28日まで週2往復運航する中国東方航空のチャーター便でチャーター便はツアー客でほぼ満席だという。
今年の春節(旧正月、今年は2月19日)と元宵節(今年は3月5日)の連休期間の中国人の旅行者数はのべ2億2500万人。観光庁によると、平成26年の中国人観光客1人当たりの宿泊費や買い物代などを合計した支出額は23万1753円という。
静岡空港からの寧波線は、早ければ3月29日の夏ダイヤから定期便になる見込みで、実現すれば、国際線は中国・台湾・韓国とを結ぶ5路線となる。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-2-4

    熱海富士、来宮神社と今宮神社で豆まき 3年ぶりに熱海らしい行事戻る

    節分の2月3日、熱海出身の大相撲・熱海富士関(20)が来宮神社(雨宮盛克宮司)と今宮神社(泉…
  2. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  3. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
  4. 2023-1-27

    熱海梅園の梅、早咲き種が4・26分咲き 例年より10日早く見頃に

    この冬一番の強い寒気が流れこみ、全国的に気温が低下するなか、「梅まつり」開催中の熱海梅園で早…
ページ上部へ戻る