【編集室】昨年の宿泊者10・5万人増の294万人 空前の活況

熱海市は25日、平成26年の市内宿泊数が294万人となり、前年比で10万5714人(3・7%)増えたと発表した。3年連続の増加で、最近10年でみると斉藤栄市長が市長に就任した平成18年に次いで2番目に多かった。
今年に入って活況はさらに拍車がかかり、熱海梅園の1日あたりの人出が平成23年に有料化を開始以来、過去最高の9134人(2月15日)を記録。熱海芸妓見番の湯めまちをどり「華の舞」も2月22日には2階席まで満杯になる150人の観光客。MOA美術館で2月4日にスタートした特別展「光琳アート 光琳と現代美術」も18日目で入場者が5万人を突破し、21日には7000人が来館した。市内のタクシーは車庫を出払い、道路も渋滞。飲食店も昼食時には外で順番待ちの列ができるほど、2月は空前の賑わいをみせている。
(主幹・松本洋二)

DSCN8234DSCN8421DSCN8384DSC_9932

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-8-5

    捜索救援活動、熱海署と市消防の60人に縮小 自衛隊、警察、消防が撤収

    熱海市の伊豆山土石流災害で、行方不明者の捜索活動を支援してきた自衛隊災害派遣部隊の撤収に続き、立ち…
  2. 2021-8-5

    静岡県にも「まん延防止措置」適用 期間は8月8日から 県東部も対象へ

    政府は8月5日、新型コロナウイルス「まん延防止等重点措置」の適用地域に、静岡、愛知、福島、茨城、栃…
  3. 2021-8-4

    熱海市で新たに3人がコロナ感染 静岡県、東京都ともに過去最多更新

    静岡県は8月4日、熱海市で新たに3人の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。高齢でな成人2…
  4. 2021-8-4

    【お悔やみ】小野寺克巳さん(熱海市網代)8月3日死去

    小野寺克巳さん(おのでら・かつみ)8月3日死去、68歳。熱海市網代279の7。出棺4日午前11時、…
ページ上部へ戻る