副市長2人制案、論戦スタート 市長「現職金井氏は経済部門、新副市長は市民生活」

2月定例会に提案された副市長2人制移行への条例改正案の議論が3月9日、熱海市議会で始まった。2人の必要性について、齋藤栄市長は「熱海型DMO(観光地域づくり法人)の構築や観光財源の確保など市政の課題は複雑化し、新型コロナウイルス感染症に起因する様々な難易度の高い問題に直面している。スピード感を持って取り組むために必要」と説明した。
一般質問の先陣を切った赤尾光一議員から「2人にした場合、新しい副市長をどのようにイメージし、業務内容をどう分担するのか」と質疑が出され、市長は登用先について「現在の金井慎一郎副市長は市外から来ているので、もう1人の方は熱海に根ざした方」、役割分担については「金井副市長には経済産業省出身の強みを生かし、経済対策や産業部門、新たな副市長には地域課題に本格的に取り組むため、市民生活に密着した部門を中心に担ってもらいたい」と述べた。
赤尾議員は「クルマの両輪として期待している」とした上で、熱海市のような人口3万6千人規模で「副市長2人」は全国的に少ないことを指摘。「人口数で決める必要はないが、2人制に移行することは人件費が増えるということ。それは市民の血税。しっかり肝に銘じて欲しい」と注文を付けた。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-11-28

    日本最速で春景色 南熱海の各所でヒマラヤザクラが一斉に見ごろに

    熱海市多賀地区の長浜海浜公園や「さくらの名所散策路」(愛称・四季の道)でヒマラヤザクラが見ご…
  2. 2022-11-28

    鮮やか、紅オレンジと緑のコントラスト 熱海梅園に紅葉狩り客続々

    熱海梅園で紅葉が見ごろを迎えた。園内に植えられた380本ある楓(かえで)類が赤やオレンジ、黄…
  3. 2022-11-26

    藤曲氏「県政報告会」で統一教会退会を報告 来春県議選に出馬表明

    (さらに…)…
  4. 2022-11-26

    鉄道開業150年記念、3年ぶりに「秋の鉄道展」 熱海鉄道同好会

    鉄道模型イベント「秋の鉄道展」が11月26日、熱海市役所いきいきプラザ7階多目的会議室で始ま…
ページ上部へ戻る