【社寺】大黒、恵比寿が配る福餅に大喜び 例大祭を前に御鳳輦奉仕

19、20日の今宮神社例大祭(泉明寺みずほ宮司)で本年度御鳳輦(ごほうれん)奉仕を行う厄年奉賛会「今宮丑寅嵐舞會(いまみやうしとららんぶかい)」(志方敦会長)は13日、小嵐保育園(中村清子園長)と第二小学校(西山義則校長)を訪れ、大黒と恵比寿が御神幸行列などで配る厄払いの福餅が入った袋を配り、ご奉仕した。
この日訪れたのは男女役員14人と大黒、恵比寿。突然の訪問に目を丸くしていた園児たちも、志方会長が「厄(やく)払いをして、みんなに福が来るようにお祭りをします」と、御鳳輦活動を分かりやく説明すると熱心に聞き入った。大黒、恵比寿から一人ひとり福餅を受け取った子供たちは「お餅を食べたら運動が上手になるかも」などと大喜びして受け取り、全員で万歳して家内安全や商売繁盛を祈願した。

◆神幸行列=10月19日(月)13:40~16:40
午後1時の発輿式の後、同40分に御神幸行列が神社を出発。社伝神楽、神社神輿に続いて、厄年奉仕者「今宮丑寅嵐舞會」の御鳳輦が、桜ケ丘バス停ーガーデンハイツー金城館と巡行し渚小公園で小休止。清水町ー栄町公民館などのルートを巡行して午後5時前に宮入り。

 

全員 大黒 トップ IMG_1171ss 志方会長万歳 園児顔

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-9-20

    台風が逸れ、ホッ! 熱海海上花火大会秋季シリーズ開幕 

  2. 2022-9-14

    車に2度ひかれ、近所の女性死亡 熱海・長浜海岸の国道135号で

  3. 2022-9-14

    秋の訪れ 熱海梅園で真っ赤な彼岸花が見ごろ 今年も定刻通り

  4. 2022-9-12

    落選の泉明寺氏「悔いはない」 今後の政治活動は「力を付けて再挑戦」

ページ上部へ戻る