【市政】散骨場条例案の概要を発表 熱海市

熱海市は30日、散骨場建設に歯止めをかける条例案の概要を発表した。内容は①市長が経営の許可を判断する②暴力団、禁固刑該当者等の排除②設置場所が主要道路や民家から110メートル離れていること③300メートル以内の近隣住民に対して協議と説明の義務を負うことなどが骨子になっている。また、条例に違反した場合は、6カ月以下の懲役、または50万円以下の罰金を設けた。

市は14日まで同条例案に関する意見募集(パブリックコメント)を実施し、市民に意見を募るとともに、検察庁と罰則規定の協議を進め、8月に臨時議会を開くか、9月の定例議会で条例を制定する。
散骨場に関する条例は、これまで御殿場市など全国で4市が制定している。

 
◇散骨問題  当初の計画を市が「墓地である」と判断したため、業者側は海洋散骨に変更、遺骨を一切入らないプランにスイッチした。それでも住民が建設反対署名を市に提出、市議会が早期の条例制定を求める決議が採択されたため、市は条例制定を急いだ。

【写真】散骨場建設反対の署名を斉藤市長に提出した石井倭雄西部地区町内会連合会会長(6月9日)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  2. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
  3. 2023-1-27

    熱海梅園の梅、早咲き種が4・26分咲き 例年より10日早く見頃に

    この冬一番の強い寒気が流れこみ、全国的に気温が低下するなか、「梅まつり」開催中の熱海梅園で早…
  4. 2023-1-27

    「あたみ桜」糸川遊歩道をピンクに染める 梅園前市道は満開ピーク

    熱海市は1月27日、「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道のあたみ桜の開花状況を発表した…
ページ上部へ戻る