【市政】耐震診断の補助金に不満の声 熱海市ホテル旅館協同組合連合会

熱海市ホテル旅館協同組合連合会は23日、熱海市役所に会員40人が集まり、ホテル旅館の大型施設に義務付けられた改正耐震改修法(11月25日施行)の説明を受けた。市外出張で不在の斎藤栄市長に代わって田辺国治副市長ら市の幹部職員が改修内容や補助制度について市や国、県の方針を伝えた。

 

改正法では延べ面積5000平方㍍以上の施設は2015年12月までに耐震診断を実施し、その結果を報告するよう求めている。市によると、市内の対象施設は16でそのうち12施設がまだ診断を受けていないという。

耐震診断には市が費用の20%を補助し、さらに国が50%、県も20%補助することから事業者負担は10%で済む。市の試算では延べ面積6000平方㍍の建物の場合、総額で750万円かかり事業者負担は75万円だという。

しかし、耐震改修工事(同じく6000㎡の場合)には総額で2億8380万円かかり、国が全体の3分の1にあたる9400万円、県と市が各5.75%負担し、各1630万円を補助してもなお事業者は55・2%の1億5660万円の負担となる。

また、延べ面積5000平方未満の施設には耐震診断が義務付けられてないことから不平等感が生じており、旅館経営者からは「全額補助すべきでは」「これでは経営が成り立たない」などといった制度そのものの見直しを求める声も上がった。

長津義信観光建設部参事

長津義信観光建設部参事

防災説明

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-7-4

    遺族に提訴され、被告の熱海市 「利益相反」でも遺族支援で裁判に協力

    熱海市の齋藤栄市長は7月4日、伊豆山土石流災害で遺族、被害者らが「市の行政判断に過失があった」として…
  2. 2022-7-4

    残る1人「絶対に見つけ出す」 静岡県警が過去最大規模で一斉捜索

    死者27人(災害関連死1人含む)、行方不明者1人を出した熱海市伊豆山の土石流災害の発生から1…
  3. 2022-7-4

    伊豆山土石流から1年 教訓を次世代に 熱海市が追悼式

    熱海市伊豆山で死者27人(災害関連死1人含む)、行方不明者1人を出した伊豆山土石流から7月3日で1年…
  4. 2022-7-4

    【お悔やみ】髙𣘺久雄さん(熱海市伊豆山)7月1日死去

    髙𣘺久雄さん(たかはし・ひさお)7月1日死去、96歳。熱海市伊豆山。「魚久」創業者。通夜5日午後6時…
ページ上部へ戻る