【市政】40年数年ぶりに自民党統一会派、「7人の侍」が会見

熱海市議会の自民党統一会派「自由民主党議員団」(所属議員7人)の発足会見が11日、議長応接室であった。第一会派となる同議員団の会長に高橋幸雄議員、幹事長に田中秀宝議員、政調会長に川口健議員がそれぞれ就いた。任期は2年。

自民王国の歴史を誇る熱海市議会は長年にわたり、自民党会派が乱立。改選前も自民党熱海創政会、爽心会、自由民主党熱海梁山泊の3会派に分立し、必ずしも足並みがそろわなかった。自民党の統一会派は議会事務局にも古い資料がなく、正式には分からないが、少なくとも40数年ぶりの”快挙”という。

同会派の全員が出席した会見で高橋代表は「議員定数が15人になったこともあり、自民党がばらばらでは市民の期待にこたえられない。県議選で勝利し、国、県へのパイプがつながった。今度は我々が第一会派を作り、責任を果たす番だ」と説明した。

斉藤市政との向き合い方について、田中幹事長は「これまで通り是々非々で臨む」としながらも「党議拘束こそかけないが、党内でよく話し合い、分裂しない程度に共同歩調を取っていく」と話した。

県議選で市長が公務を離れ、民主党候補を恣意的に応援したことには「当然議会で追求して行く」と戦う姿勢を示した。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-10-25

    衆院選 勝俣氏が熱海•来宮駅前で街頭演説 前哨戦ショック一掃

    参院静岡選挙区補選での野党系候補の当選から一夜明けた10月25日、31日投開票の衆院選静岡6区に立候…
  2. 2021-10-25

    参院静岡補選 野党系・山﨑氏が当選 熱海市では自民・若林氏リード

    岸田政権発足後初の国政選挙で、衆院選の前哨戦として注目された参院静岡選挙区補選が10月24日、投開票…
  3. 2021-10-24

    有料花火化の実証実験 熱海花火フェス、「1人1万円」チケットが即完売

    熱海市内の花火大会を手がけるイケブン(静岡県藤枝市)は10月23日、熱海湾で「SHIZUOKA・…
  4. 2021-10-23

    来宮神社と厄年奉賛会 延期した「浜降り神事」11月23日開催を発表

    来宮神社と厄年奉賛会「令和絆楠會(れいわはんなかい)」は10月22日、コロナ禍と伊豆山地区の甚大な土…
ページ上部へ戻る