3億7500万円で購入した熱海岡本ホテル跡地 さらに2億円必要

熱海市は熱海岡本ホテル跡地(上宿町市有地)に市民ホール、図書館などの複合施設を整備する「熱海フォーラム事業」(仮称)について、令和2年(2020年)9月までに着工する方針を明らかにした。6月21日の市議会6月定例会で村山憲三氏(熱海市政査会)の質問に、市当局が「費用、財源を今年度中に基本的な方針を定めたのち、施設の概要とともに組み立て、令和2年9月までに着工を目指す」と答えた。
ここまでは着工を心待ちしていた市民を安堵させたが、思わぬ難題が浮上した。同氏の「上宿町市有地に埋まる旧建物の基礎部分を整備する見積り額は」の質問に市当局は「2億円程度」と答えた。
熱海市は旧熱海岡本ホテルの建物を解体した土地を2014年4月に「株式会社ひまわり」から3億7500万円で購入したが、地中にある擁壁や基礎部分は未整備のままで、解体および撤去に2億円程度かかるというのだ。
「土地を購入する場合、全てを撤去したさら地を買うか、建物が現有のまま買うのが常識。3億7500万円で購入した挙句、地下の整備にさらに2億円。建物の解体だけなら1億円程度で済み、これは高過ぎる。市長は東京五輪開催に伴う資材の高騰や労働力不足を建設先延ばしの理由にしてきたが…。これでは着工できないわけだ」と声をからげ、独善的に岡本ホテル跡地を購入した齋藤栄市長の施政を批難。熱海フォーラム事業の経緯に疑問を投げかけた。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-8-13

    行動制限のないお盆休み 多賀ビーチで花火大会とビアガーデンが復活

    熱海市の長浜海浜公園で8月12日夜、「伊豆多賀温泉海上花火大会」(多賀観光協会主催)が開催さ…
  2. 2022-8-13

    農水副大臣に勝俣孝明氏 第2次岸田改造内閣 伊豆山港の復興に注力

    政府は8月12日午前の臨時閣議で、第2次岸田改造内閣発足に伴う副大臣26人と政務官28人の人事を決め…
  3. 2022-8-10

    故 川口市雄前熱海市長へに従五位を伝達 下多賀の自宅で遺族に

    5月28日に肺炎のため85歳で亡くなった前熱海市長の川口市雄(かわぐち•いちお)氏に従五位が伝達され…
  4. 2022-8-10

    ビーチで手持ち花火を楽しんで! 熱海・長浜海水浴場に「特設会場」

    熱海市の多賀観光協会は長浜海水浴場に手持ち花火用の「花火広場」を設置、無料で開放している。1…
ページ上部へ戻る