コロナの第2波が心配 初夏の陽気、熱海サンビーチに多くの行楽客

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う政府の緊急事態宣言の解除から2度目の週末となった5月24日、気温23度、初夏の陽気となった熱海サンビーチには、「心苦しいけど。外出自粛はもう限界」という家族連れらが続々と来訪。賑わいが戻り、テレビ局の取材クルーも訪れた。
緊急事態宣言中はほんの数人しかいなかった砂浜に数百人が繰り出し、テントをはって過ごす家族連れや、水遊びをする親子連れの姿が終日続いた。全国の感染者数は減少傾向にあるが、市は気の緩みによる感染拡大の「第2波」が起きないか警戒。「県外からの来訪自粛」を引き続き呼びかけている。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-5-8

    世界の名バラ600種、4千株が見ごろに アカオハーブ&ローズガーデン

    熱海市の観光名所「アカオハーブ&ローズガーデン」で約600種類の色鮮やかなバラが見ごろを迎…
  2. 2021-5-8

    来年4月にDMO設立 10月に宿泊税導入 熱海市、6月市議会に条例案提出

    熱海市は5月6日、第7回熱海市観光戦略会議(座長・齋藤栄市長)を市役所で開き、DMO(観光地域づく…
  3. 2021-5-5

    端午の節句、こいのぼり51匹が舞う 突風のりこえ、GW最終日まで優雅に

    5月5日は端午の節句。熱海市の姫の沢公園では51匹のこいのぼりが飾られ、行楽客の目を楽しま…
  4. 2021-5-4

    熱海市で70女性のコロナ陽性確認 感染経路は県外陽性者との濃厚接触

    静岡県は5月4日、熱海市に住む70代の女性の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。熱海市1…
ページ上部へ戻る