県飲食業組合熱海支部長に柿田武史氏 若い力を結集、食の賑わい創出へ

熱海市内の飲食店主でつくる静岡県飲食業生活衛生同業組合熱海支部(加盟87店)は新型コロナウイルス感染防止のため、書面による定時総会を開き、新支部長に柿田武史氏(47)=串焼旬菜 楽、鮨割烹 廉」を選出した。任期は2年。
歴代でもっとも若い支部長になった柿田氏は「新型コロナウイルスの影響で予約や売り上げが減少しているのは、市内飲食店の共通した悩み。他の飲食団体と勉強会や情報交換会の場などを設け、食を通じて熱海の賑わいを取り戻せるように頑張りたい」と述べた。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-5-8

    世界の名バラ600種、4千株が見ごろに アカオハーブ&ローズガーデン

    熱海市の観光名所「アカオハーブ&ローズガーデン」で約600種類の色鮮やかなバラが見ごろを迎…
  2. 2021-5-8

    来年4月にDMO設立 10月に宿泊税導入 熱海市、6月市議会に条例案提出

    熱海市は5月6日、第7回熱海市観光戦略会議(座長・齋藤栄市長)を市役所で開き、DMO(観光地域づく…
  3. 2021-5-5

    端午の節句、こいのぼり51匹が舞う 突風のりこえ、GW最終日まで優雅に

    5月5日は端午の節句。熱海市の姫の沢公園では51匹のこいのぼりが飾られ、行楽客の目を楽しま…
  4. 2021-5-4

    熱海市で70女性のコロナ陽性確認 感染経路は県外陽性者との濃厚接触

    静岡県は5月4日、熱海市に住む70代の女性の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。熱海市1…
ページ上部へ戻る