熱海の山麓に異変、ナラ枯れ被害が深刻化 万緑の山が赤茶色に 

熱海市内で「ナラ枯れ」の被害が深刻化している。コナラやミズナラなどが病気で枯れる現象で、熱海市の全域で一足早い紅葉のように赤褐色になった木々が点在しているのが目に付く。
「ナラ枯れ」は体長約5ミリの昆虫「カシノナガキクイムシ」(カシナガ)が樹木に穴を開け、ナラ類、シイ・カシ類を枯らす病原菌「ナラ菌」を持ち込むことで発生する。木に入った雄がフェロモンで雌や仲間を呼び寄せ多数の成虫が入り込むことで、ナラ菌が蔓延し木が枯死する。被害を受けた木は紅葉前の7〜9月に葉が赤く変色して枯れる。

カシナガは、直径10センチ以下の木では繁殖しにくく、太く育った大木を好む。熱海市では昭和初期まで炭焼きが盛んで、ナラ類は炭や薪、シイタケの原木としてこまめに伐採、利用されたが、燃料革命や木材価格の低下で放置される森林が増え、大木が残ったままになっていることが被害の背景にある。
国道135号や県道に近い場所などでは倒木の危険があり、万緑の山が赤茶色に覆われるのは、景観破壊にも繋がる。関係者は急な倒木などに注意を呼び掛けている。被害を食い止めようと全国でさまざまな対策が講じられているが、拡大は早く、有効な手立てがないのが現状という。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-9-18

    地元の勝俣孝明衆院議員は「河野太郎氏支持」 自民党総裁選が告示

    自民党総裁選が9月17日告示され、立候補した河野太郎行政改革担当相、岸田文雄前政調会長、高市早苗前…
  2. 2021-9-18

    紅白の彼岸花、オレンジの金木犀が見頃に 熱海梅園は秋景色

    秋の3連休を前に熱海梅園の蛍川のほとりで赤い彼岸花(別名:曼珠沙華=マンジュシャゲ)に続い…
  3. 2021-9-18

    【お悔やみ】大曽根達男さん(熱海市網代)9月16日死去

    大曽根達男さん(おおそね・たつお)9月16日死去、87歳。熱海市網代205。通夜19日午後6時。葬…
  4. 2021-9-16

    盛り土業者と当時の市の対応 齋藤栄市長、10月中旬に内容公表

    熱海市の伊豆山土石流で、熱海市の齋藤栄市長は9月15日、市議会9月定例会で答弁し、「10月中旬を目…
ページ上部へ戻る