獅子が参拝客をガブリ 社伝神楽奉納で厄除け祈願 今宮神社例大祭

今宮神社獅子神楽保存会は10月20日、本殿での例大祭神事に続いて、境内で800年以上に渡って受け継がれてきた社伝神楽(熱海市指定無形民俗文化財)を奉納した。会員7が笛や雅楽を演奏する中、齊藤芳信会長と長男の直伸さんが「さがりは」(四方を清める舞)と「くるいまい」(神が獅子に乗り移って厄除をする舞)を奉納し、息のあった舞を披露した。
「くるいまい」では、獅子がたびたび参拝客の頭や手をかみつくが、この獅子にかみつかれると「厄除けに」になるとされる。例年はおっかなびっくりの稚児や子どもたちも、今年は新型コロナウイルスの感染拡大が続いていることから、力を込めて踏ん張り、応じていた。
例年は、この他に「しんびょうし」(鈴と幣束を持って神を呼ぶ舞)と「剣の舞」(左手に頼朝公の剣、右手にすずを持って悪魔を退治する舞)も奉納されるが、コロナ対策で時間を短縮するため、取りやめた。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-12-2

    熱海市で新たに2人がコロナ感染 1人は県内陽性者の濃厚接触者

    静岡県は12月2日、熱海市で新たに2人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。1人は高齢者男…
  2. 2020-12-2

    コロナ対策に活用して 熱海市に消毒液寄贈 熱海南ロータリークラブ

    熱海南ロータリークラブの岸秀和会長と大舘節生幹事は12月2日、熱海市役所を訪れ、創立60周…
  3. 2020-12-2

    師走の熱海市 日本最速で春景色 日本一美しい通学路、さくら満開

    県立熱海高校の通学路を兼ねて新たな観光名所にしようと熱海市が15年かけて整備した「さくらの…
  4. 2020-12-1

    熱海市の高齢者がコロナ感染 感染経路は調査中 市46例目

    静岡県は12月1日、熱海市に住む高齢者(65歳以上)の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。…
ページ上部へ戻る