建築は死後の昭和前期、市教委が訂正して謝罪 旧井上侯爵家熱海別邸

熱海市教育委員会は11月11日、10月22日に一般公開した同市泉の国登録文化財「旧井上侯爵家熱海別邸」(令和元年9月登録)の説明に間違いがあったとして訂正し、謝罪した。報道資料等には伝聞に基づき、「明治時代の元勲、井上馨(天保6年~大正4年)の別荘として建築された」と記していたが、国登録文化財の公式資料で、井上馨が存命中の建物でないことが分かった。建築年代は井上馨の死去後の「昭和前期」という。
建物は伝聞に基づき、明治後期に建てた「旧井上馨別邸の宿」として営業している。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-8-5

    捜索救援活動、熱海署と市消防の60人に縮小 自衛隊、警察、消防が撤収

    熱海市の伊豆山土石流災害で、行方不明者の捜索活動を支援してきた自衛隊災害派遣部隊の撤収に続き、立ち…
  2. 2021-8-5

    静岡県にも「まん延防止措置」適用 期間は8月8日から 県東部も対象へ

    政府は8月5日、新型コロナウイルス「まん延防止等重点措置」の適用地域に、静岡、愛知、福島、茨城、栃…
  3. 2021-8-4

    熱海市で新たに3人がコロナ感染 静岡県、東京都ともに過去最多更新

    静岡県は8月4日、熱海市で新たに3人の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。高齢でな成人2…
  4. 2021-8-4

    【お悔やみ】小野寺克巳さん(熱海市網代)8月3日死去

    小野寺克巳さん(おのでら・かつみ)8月3日死去、68歳。熱海市網代279の7。出棺4日午前11時、…
ページ上部へ戻る