熱海富士(熱海市出身)、惜しくも黒星デビュー 大相撲初場所2日目

大相撲初場所は1月11日、東京・両国国技館で2日目の取組が行われ、熱海市出身の熱海富士(本名・武井朔太郎、伊勢ケ浜部屋)が序ノ口デビューした。惜しくも荒馬(伊勢ノ海部屋)に寄り倒しで敗れ、黒星発進となった。
対戦相手の荒馬は、モンゴル・ウランバートル出身。日本で相撲をすることを志し、鳥取城北高に留学し、同志社大を経て今場所で前相撲デビュー。同大では1年次からレギュラーとして活躍した。
序ノ口は、15日間で7番の相撲を取る。熱海富士が入門した伊勢ケ浜部屋では、飛龍高(沼津市)の先輩で11月場所で十両優勝を果たし、今場所で新入幕した翠富士が初日から2連勝スタートしており、後輩の熱海富士への期待も高まっている。
(熱海ネット新聞)
■熱海富士(本名・武井朔太郎=たけい・さくたろう)2002年(平14)9月3日、千葉県生まれ。18歳。小学2年で熱海市に移り、熱海二小に転校。小学6年で三島市の三島相撲クラブ入り。熱海中に進み、3年生の17年に全国中学校選手権個人5位。飛龍高では1年時からレギュラー。185センチ、170キロ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-2-5

    立春 熱海サンビーチ「釜鳴屋平七」像前であたみ桜満開 

    二十四節気のひとつで春の始まりとされる「立春」の2月4日、熱海市では早咲きで知られる「あたみ桜」…
  2. 2023-2-4

    熱海富士、来宮神社と今宮神社で豆まき 3年ぶりに熱海らしい行事戻る

    節分の2月3日、熱海出身の大相撲・熱海富士関(20)が来宮神社(雨宮盛克宮司)と今宮神社(泉…
  3. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  4. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
ページ上部へ戻る