熱海の玄関口、駅前周辺をおもてなし消毒・清掃 来宮神社厄年奉賛会 

客足が戻って来た熱海市のきれいな玄関口の景観を目指し、来宮神社で2021年度の御鳳輦奉仕を務める厄年奉賛会「令和絆楠會(れいわはんなかい)」(藤間崇史会長)は4月4日、JR熱海駅前広場と平和通り、仲見世通り商店街で清掃活動を行った。女子会員を含め、9人が参加し、ベンチや手すり、看板案内板などをアルコール消毒し、生け垣、通路などのゴミを入念に拾い集めた。
新型コロナの緊急事態宣言の解除を受け、熱海市は若年層の観光客を中心ににぎわいを取り戻している。同会は外出自粛で打撃を受けている観光業の復活につなげようと、2月は糸川沿いで、3月にも初川周辺で清掃活動を実施している。来宮神社例大祭(7月14〜16日)へ向けて、今後も熱海サンビーチなどのボランティア清掃を続けていく。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-12-5

    晩秋の風物詩、見ごろ続く中「熱海梅園もみじまつり」閉幕

  2. 2022-12-5

    忘年花火大会始まる 「熱海梅園もみじまつり」閉幕で主役交代

  3. 2022-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 最終日、園道彩る「敷(しき)もみじ」

  4. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

ページ上部へ戻る