脚本家の橋田壽賀子さん、熱海市の自宅で死去 名誉市民顕彰式の6日前

脚本家で熱海市が名誉市民に選定していた橋田壽賀子さんが4月4日午前、急性リンパ腫のため死去した。95歳。橋田文化財団が5日、発表した。今年2月下旬に急性リンパ腫の治療のため都内の病院に入院。3月中旬に自宅のある熱海市内の病院に移り、治療を受けていた。4月3日に市内(熱海自然郷)の自宅に戻り、4日午前9時13分に息を引き取った。橋田さんのドラマに数多く出演した熱海市在住の俳優•泉ピン子さんらが看取ったという。
故人の遺志により、通夜•告別式は執り行わず、5日に荼毘に付された。
橋田さんは昭和50年代から熱海市を生活や執筆活動の拠点にして「おしん」「渡る世間は鬼ばかり」など多くのドラマを手がけ、NHK放送文化賞、菊池寛賞、勲三等瑞宝章、文化勲章などを受賞した。

熱海市は昨年12月に橋田さんに打診し、彫刻家の澤田政廣氏、作家の杉本苑子氏=ともに故人=に続く3人目の名誉市民に選定、3月17日の市議会で承認された。4月10日の市政記念日に市役所で名誉市民の顕彰式を開き、齋藤栄市長が橋田さんに名誉市民証書を手渡す予定だった。
(熱海ネット新聞)
■齋藤栄市長市長 これまでのご偉業に改めて敬意を表しますとともに、メディアを通じて熱海をご紹介いただきましたことなど、深く感謝いたしております。 脚本家として、また、名誉市民として今後もご活躍いただきたかったところですが、大変残念であり、悲しみに堪えません。これほど早いお別れが来るとは想像もしておりませんでした。ご冥福をお祈りす るばかりです。
■橋田壽賀子(はしだ•すがこ)本名岩崎壽賀子。 1925(大正14)年、京城(現在のソウル)生れ。日本女子大学卒業後、早稲田大学進学。在学中に松竹の入社試験に合格し、中退。脚本部に10年勤めた後、1959(昭和34)年よりフリーの脚本家。1974年に熱海市内に執筆の場を設け、「女たちの忠臣蔵」「おんな太閤記」「春日局」「いのち」「おしん」「99年の愛〜JAPANESE AMERICANS〜」「渡る世間は鬼ばかり」など多くのドラマを手がける。NHK放送文化賞、菊池寛賞、勲三等瑞宝章、文化勲章などを受賞。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-12-5

    晩秋の風物詩、見ごろ続く中「熱海梅園もみじまつり」閉幕

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕した。今年は紅葉が遅…
  2. 2022-12-5

    忘年花火大会始まる 「熱海梅園もみじまつり」閉幕で主役交代

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月…
  3. 2022-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 最終日、園道彩る「敷(しき)もみじ」

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕する。「日本…
  4. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
ページ上部へ戻る