世界の名バラ600種、4千株が見ごろに アカオハーブ&ローズガーデン

熱海市の観光名所「アカオハーブ&ローズガーデン」で約600種類の色鮮やかなバラが見ごろを迎えた。同園を運営するホテルニューアカオによると、ことしは天候に恵まれ、梅や桜同様に例年より10日ほど早くベストシーズンを迎えたという。
東京ドーム13個分の敷地に12のローズガーデンが設けられ、世界各国から集めらた4000株のバラの名花が美を競う。新型コロナウイルス対策として東京や神奈川県などに発令されていた緊急事態宣言やまん延防止等重点措置が5月末まで延長。首都圏からの観光客は少な目だが、愛好家たちが花を眺めたり、甘い香りを楽しみながら絵画のような庭を散策している。春バラの見ごろは6月上旬まで続き、その後、遅咲き種に入れ替わり、7月上旬まで楽しめる。

世界的建築家の隈研吾(くま・けんご)氏がデザインしたカフェ「COEDA HOUSE(コエダハウス)」の海側には、山の斜面を活かしてつくられた展望デッキがあり、海を一望できる。コロナ禍の気分転換に最高のロケーションだ。
同園では、熱海ローズフェスティバルを6月30日まで開催している。
(熱海ネット新聞)
■アカオハーブ&ローズガーデン 1988年に「曽我森林自然公園」として開園。25万坪の敷地に約600種4000株のバラが植えられ、2015年、39カ国のバラ会が加盟する世界バラ会議で民間初の「優秀庭園賞」を受賞。入園するとまず園内バスで一番上まで移動し、降車した後は各ガーデンを散策しながら下る。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-2-4

    熱海富士、来宮神社と今宮神社で豆まき 3年ぶりに熱海らしい行事戻る

    節分の2月3日、熱海出身の大相撲・熱海富士関(20)が来宮神社(雨宮盛克宮司)と今宮神社(泉…
  2. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  3. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
  4. 2023-1-27

    熱海梅園の梅、早咲き種が4・26分咲き 例年より10日早く見頃に

    この冬一番の強い寒気が流れこみ、全国的に気温が低下するなか、「梅まつり」開催中の熱海梅園で早…
ページ上部へ戻る