♪この木何の木 気になる木 ……熱海梅園で「ネムノキ」が見ごろ 

熱海梅園の韓国庭園でネムノキ(合歓木)が見ごろになり、薄紅色のふわふわとした花が、梅雨入りした熱海の風景に彩りを添えている。化粧道具のはけのような形が特徴で、夕方になると昼には広がっていた2つの葉が重なり合って閉じたような状態になる。それが「眠る」をイメージさせるため、この名が付いた。マメ科の落葉高木で梅雨末期の6月に花が咲き、7月いっぱい咲きつぐ。
ところで、日立製作所「日立の樹」のCMでおなじみの「♪この木なんの木 気になる木」はアメリカネムノキ。日本のネムノキと同属。このCM曲を作曲したのが、先日、心不全のため死去した小林亜星さんだった。
この時期、鮮やかなジャカランダとブーゲンビリアが人気だが、こちらの夢幻(ゆめまぼろし)の花も負けずに美しい。
(熱海ネット新聞)
写真=6月16日撮影

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-11-27

    紅葉色づく庭園 30日まで秋の一般公開 熱海・植物研究園

    紅葉の見頃を迎えた熱海市の市村清新技術財団・植物研究園で11月30日まで「秋の一般公開」(2…
  2. 2022-11-26

    藤曲氏「県政報告会」で統一教会退会を報告 来春県議選に出馬表明

    (さらに…)…
  3. 2022-11-26

    鉄道開業150年記念、3年ぶりに「秋の鉄道展」 熱海鉄道同好会

    鉄道模型イベント「秋の鉄道展」が11月26日、熱海市役所いきいきプラザ7階多目的会議室で始ま…
  4. 2022-11-24

    稲穂を手に「豊栄の舞」奉納 新穀感謝祭・新嘗祭/来宮神社

    来宮神社の新穀感謝祭・新嘗祭(にいなめさい)が11月23日、本殿で斎行された。神社総代や祭典…
ページ上部へ戻る